なすべきことをなす

昨日はものすごい雨と風で、コンサルティングが延期になりました。

近頃は昔と雨の降り方が変わってきていて、本当に心配です。

昨日は「人生を良くするには、人を見る目が大事だ!」ということから「承認欲求」について書きました。

私たちは自分にとって当りのいい人を「いい人」と捉えがちですが、本当にそうなのでしょうか?

私は警察でたくさんの犯罪者を見てきましたが、悪であればあるほど、誰かには親切なものです!

そうでないと社会から完全に孤立して、存在することが出来ないからです!

問題のある社員であっても良い関係で付き合っていると、その人の良いところが見えてきて「問題のある人」と思えなくなります。

DV(ドメスティック・バイオレンス)をする人も、個人的に付き合えば「いい人」だったりしますし、いい加減な人(嘘つき)ほど調子がいいものです。

ところが、人に騙されたり、ひどい目に遭った人ほど、自分に当りのよい人を信頼してしまい、次第に誰を信じたらよいか湧かなくなってしまうのです。

特にアイデンティティが確立していない若い(未熟な)人ほど、人の評価で自分を測るため、必要以上に人からの承認を求めてしまうのです。

いろいろな会に入ると、役職をやりたがったり、本業以上に一生懸命に活動している人を見かけますが、そうした人の多くは人からの承認を求めている人たちです。

しかし、そんなことをしていても現実の人生は良くはなりません。

そこでさらに「人が認めてくれる(気持ちの良い)こと」に没頭してしまうのです。

フェイスブックやツイッターをやっている人の多くは、人と知り合いたいわけではありません。

人から「いいね」と言ってもらいたいだけです。

でも、知らない人から「いいね」と言われて人生が変わるのでしょうか?

「忙しい」とか「時間がない」と言っている人の多くは、そうしたことに時間を使っているから忙しいのだと思うのです。

肩書をつけても、高級品を身に着けても、人は立派にはなりません。

本当の意味でいい人生にするには、長い期間、自分のやるべきことをキチンとやり続ける必要がります。

私は、本業や身近な人を大切にすることにもっと多くの時間ったほうが、人からも認められると思うのです。

皆さんは、本業に注力せずに、会の役で飛び回っている人を尊敬しますか?

私はそういう人を見ると「この人、会社や家庭では認められていないんだろうなぁ。」と思うだけです。

CL(建設的な生き方)では、人からの評価はコントロールできないし、結果もコントロールできないと教えていて、そうしたもので自分を測るのではなく「何をしたか?」で自分を測りましょうと教えています。

PTAの会長も、消防団の分隊長も、任期が終わればただの人です。

そんなもので自分を測るのではなく、自分のなすべきことで自分を認めていってほしいと思うのです。

DSCF0001ちなみに承認欲求が強い人ほど、自分の意見を熱く長時間語りますので注意しましょう!

今日のひとこと
「あなたのなすべきことは何ですか?」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

引用元について:
こちらの記事はhttp://blog.livedoor.jp/sugiiyasuyuki/archives/52135700.htmlより引用させて頂いております。