人生の勝負とは?

20190515_103652昨日はホテル松本楼さんの社員研修だったので、2月に行われた第四回旅館甲子園のDVDを観ました。

ホテル松本楼は、第二回大会から3回続けて旅館甲子園のファイナリストに残り、今回はその集大成と言える挑戦でしたが、残念ながら優勝することはできませんでした。

しかし、この6年間の挑戦によってホテル松本楼は大きく変わり、旅館甲子園が終わった今もどんどん良い会社になっていっています。

私はそれが凄いことだと思うのです。

普通、旅館甲子園が終わったら「やれやれ、やっと終わった」という気持ちになって、ある程度は元の状態に戻るものです。

しかし、ホテル松本楼は旅館甲子園のときよりも、今の方が間違いなくいい会社(いい人間関係)になっているのです!

以前のブログで「試合に勝っても、勝負に負けたら意味がない」ということを書きましたが、旅館甲子園は「宿は人なり」の言葉通り、旅館で働く社員さんたちの意識ややり甲斐を高めることが目的の大会です。

そうした目的から見たら、ホテル松本楼は最も大事な勝負に勝ったと思うのです。

では、社員さんにとっての「勝負」とは何なのでしょう?

私は自分の人生を良いものにすることだと思っています。


ですから、今、松本楼で働けることが楽しくても、将来の人生が良くならなくては意味がありません。

ですから、今の幸せに満足してしまうのではなく、今から将来をより良いものにするための種を蒔いていってほしいと思うのです。

ところで皆さんは、今よりも将来が良くなるためにどんなことをしていますか?

昔と違って今は、勤続年数が長くなれば、それに比例して給料が増えるという時代ではありません。

仕事をしていく中で、何らかの価値(キャリア)を身につけていかなければ、給料は増えない時代なのです。

松本楼の先輩たちは、新しく入って来た後輩たちのことをとてもかわいがっています。

そうやって後輩たちのことを大切に思うのであれば、ハガキを書いたり、CL手帳を書いたりして人生を耕していく姿を見せてあげてほしいと思うのです。

私がハガキやブログを書くように、私たちがいい人生を作っている姿を示すことが、子供や部下への愛情だと思うのです。

20190515_120011皆さんの本当の「勝負」とは何ですか?

そのために、どんなことをしていますか?

ぜひ、皆さんがやっている準備(下ごしらえ)を教えてください!

今日のひとこと
「勝負は、戦いが始まる前についている!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

引用元について:
こちらの記事はhttp://blog.livedoor.jp/sugiiyasuyuki/archives/52135535.htmlより引用させて頂いております。