日下のひとこと

20180606_103347タイトルを見て驚かれた方も多いと思います。

私は浜松市でみかんの生産と販売を行っている日下農園の日下竜太と申します。

私は昨日から「さかえやさん」や「松本楼さん」の社員さん達と一緒に、MGアシスタント講座を受講させていただいておりますが、そこでの私の成績があまりにも不甲斐なかったため、今回懺悔のブログを書かせて頂きます。

どれほど不甲斐ないかと言うと、「日下君見直したよ! よくおめおめとよく生きていられるね!」と杉井さんに褒めていただいたほどです。(笑)

ですので、たいした内容ではありませんが、お付き合いのほどよろしくお願いします。

今回の研修に参加されているメンバーは全員社員さんで、しかも私より年下の方たちばかりです。

その中で、私は圧倒的な最下位でした。

8人中11位です!!

私がまだ一つ目の問題を解き終わらないうちから、皆さんどんどん次の課題へ移っていきます。

もう問題どころではなくて、恥ずかしいというか顔が熱くなっていくのが自分でもよく分かりました。

本当に「俺の問題だけ難しのかな?」と思ってしまうほどでした。

私は静岡経営塾に入っていますが、自分より若い方との圧倒的な差を体感できたことが今回一番の学びでした。

(他の静岡経営塾のメンバーと比べてみたいです!)

結局、他の方たちよりも一時間以上遅れてようやく問題を解くことができましたが、それはポイントを抑えずに、ただ頑張っていたからです。

私は仕事でもつい頑張ってしまいますが、今回の研修に参加してみて「ポイントを抑えること」がどれほど大切なことかが分かりました。

自分の会社にいると、私は出来る人の立場にいます。

ですから、何か問題があっても「自分はおかしくない! おかしいのは自分以外の何かだろう」と思っていると思います。

20180606_103332だから、会社も変わらないし、新入社員さんに対して上から答えを教えています。

しかし、今回、できない私を皆さんが待ってくれたおかげで、出来なかった体験を次の機会に活かそうと思えました。

もし答えを教えてもらっていたら、本当に何をしに来たか分からなくなるところでした。

周りの誰かが問題にぶつかったときに、自分たちの声掛けが本人を何に導くものなのか、答えを教えて自分が楽をしていないか、もう一度考えていきたいと思います。

とても恥ずかしかったですが、こうした体験を得ることが出来て良かったと思っています。

MGのアシスタントの講座というものは、人に物事を教えるための講座ですが、経営者の立場でありながら社員さん達よりも出来ていない自分を気づけて、本当に参加して良かったと思っています。

私は今回の最年長ですが、これまで何をやって来たんだという思いで、今一杯ですが、もう一日あるので何とか若い人たちに追いつき追い越したいと思っています。

頑張ります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、群れの中にいると、それで安心してしまう恐れがあると書きましたが、日下さんはそれを体験したと思います。

自分よりも10歳近く年下の社員さんよりも出来ない自分に気づけたことは、良かったと思います。

自分の会社にいたら、「出来る人」でいてしまうから、実際がどうなのかわからなくなるからです。

私が42歳で大学を受験したり、100kmマラソンやトライアスロンに挑戦したのは、自分は何が出来、どのくらいの位置にいるのかを知るためでした。

そうでないと、「自分は出来る人」だと錯覚してしまうからです。

日下さんが今回受講してくれたことは、本当に良かったと思っています。

ぜひ皆さんも参考にしてください!

今日のひとこと
「人生の意味とは、キャンバスについた汚れを落とすことではなく、キャンバスに自分の絵を描くことです!」

人気ブログランキングへブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

引用元について:
こちらの記事はhttp://blog.livedoor.jp/sugiiyasuyuki/archives/52123751.htmlより引用させて頂いております。