驕れる者は久しからず

DSCF7738こんなにフェラーリやポルシェが走っている町を、私は初めて見ました!

私はこれまで、フェラーリは床の間に飾っておくものだと思っていたのです!(汗)

フェラーリは、普通に使う車だったのですね!

DSCF7740世界一のビル(828m)、世界一の競馬(優勝賞金10億円)、世界一の指輪(65kg)、世界一のネックレス(5km)他にも挙げればきりがない、世界一ばかり!

私が泊まっているアトランティス・ザ・パーム・ホテルの一番高い部屋は一泊400万円ですし、ドバイで最も有名なバージ・アル・アラブは、一番安い部屋でも一泊35万円です!

DSCF7744一晩寝ている間に、400万円が消えるのです!!

すごい町ですよね!

しかし、この発展はたった30年のことなのです!

この国の人たちは、1966年に石油が発見されるまではラクダに乗って物を運んだり、海で漁をしていました。

DSCF7793石油が出て、最初に高層ビルが作られてから、まだ30年しか経っていないのです!

今、ドバイの国民は仕事をしていません。

国民の89%を占める外国人労働者の保証人になって、外国人労働者の給料から一定の手数料をとって暮らしているのです。

DSCF7797国民は、水道代や光熱費が1割負担で済みます。

子供の学費もタダです!

ドバイは、たった30年でこれだけの発展をしたのです!

しかし、2009年のドバイショックから立ち直ったとはいうものの、今のドバイは明らかに過剰投資の状態(バブル)です!

DSCF7884このバブルは、そう遅くない時期にまたはぜると思うのです。

そこで今日は、「お金に好かれる人と、お金に嫌われる人の違い」が紹介されていたので紹介しておきます。

1.お金に対するイメージが違う

お金に好かれる人は、お金に対して良いイメージを持っています。

DSCF7887お金があると大好きな人と一緒に食事ができるとか、自分を磨くことができるなどお金に対して肯定的なイメージがあります。

ところが、お金に嫌われる人は、お金を汚らわしいものだと考えています。

お金を使ったり、お金を稼ぐことに対して良くないイメージを持っているのです。

DSCF78332.お金の使い方が違う

お金に好かれる人は、お金を生かした使い方をします。

だからギャンブルや飲酒など、享楽的な遊びにはお金を使いません。

困っている人のために、お金を使ったります。

DSCF8036ところが、お金に嫌われる人は自分の気持ちを満たすためだけにお金を使います。

人のためにお金を使うことはありません。

3.支払うときの気持ちが違う

お金に好かれる人は、相手に「ありがとう」と思ってお金を支払います。

DSCF7909ところが、お金に嫌われる人は払わなくていいなら支払いたくないと思っています。

だから、支払いのときは損をした気持ちになるのです。

4.お金を払う順番が違う

お金に好かれる人は、自分がお世話になったところに先にお金を使います。

支払いは期日より早く払い、先方のことを気遣います。
DSCF7943
一方、お金に嫌われる人は、自分のことを優先し、少しでも支払いを遅くした方が得だと考えます。

5.お金を使うことに対する考え方が違う

お金に好かれる人はお金を循環するものと考えていますから、より良くなるためにお金を使えば必ずまた入ってくると知っています。

DSCF7964しかし、お金に嫌われる人は、お金は使えば無くなるものと思っているので、お金をなるべく出さないようにし、さらに貧しくなっていきます。

6.身の回りの整理が違う

お金に好かれる人は、身の回りがきちんと整理整頓されています。

DSCF7932結局は、お金も持ち物ですから、持ち物の管理ができていない人は、お金にもルーズになるのです。

7.時間に対する意識が違う

お金に好かれる人は、時間の管理が上手です。

時は金なりといいますが、時間の管理が上手な人は、仕事や作業にかかる所要時間を正確に理解しているので、相手から信頼され、よい仕事ができます。

お金に嫌われる人は、ただ頑張るだけで、所要時間がどれだけかかるかわかりません。
DSCF7983
だから時間を浪費し、働いても働いても、収入は増えないのです。

皆さんは、お金に好かれる人ですか?

それとも、お金に嫌われる人ですか?

お金との付き合い方で、人生は大きく変わると思います。
DSCF7933
特に経営者にとっては、お金との付き合い方がとても重要ですので、ぜひ参考にしてください!

今日のひとこと
「お金には、人柄が表れる!」

人気ブログランキングへブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

引用元について:
こちらの記事はhttp://blog.livedoor.jp/sugiiyasuyuki/archives/52075481.htmlより引用させて頂いております。