「りなが来る」日

私のスケジュールは総務課が管理しています。
私のデスクに予定表があって、いつ時間が空いているか、今日はどこへ行っているかが社内の誰でもわかるようになっていて、仕事のアポが入ると、総務課のスタッフがそこに書き込んでいく方式です。
そうすれば約束がダブってしまうこともありません。
そのスケジュール表の14日の夜のところに、友人が訪ねてくる予定を忘れないように小さく書いておきました。
「りなが来る。」 と。
そしたら、私のスケジュールを管理している田中さん(NHKのサラメシでお弁当を披露した女性)に
「社長、りなってどこの女ですか? 皆、気になってますよ。」と言われました。
「ああ、りなね。 友達。 ホタルの記事を見て一度見たいってことになって。」
「どこかの飲み屋の女ですか? ホタルをダシに誘ってるんでしょう。」
と厳しいご意見。周りを見ると、キハ52の影山運転士や磯野運輸課長、荒井工務課長もニヤニヤしてる。
「あのねえ、どこかの飲み屋の女だったらスケジュール表に書くわけないでしょう。私は団長みたいにすぐにばれることはしませんよ。」
と、まあ、事務所の中でこんな会話がありました。(W)
そして迎えた14日。
東京駅を17時に出る「わかしお」に乗ってりながやってきました。
同級生の彼女も東京生まれの東京育ちですからホタルなど見たことないようで、たくさん飛んでくれたホタルに感謝。
良かったねえ。
お母さんと、友達の春美さんも連れて遠いところまで来てくれてありがとうございました。
お母さんが喜んでくれたのが何よりです。
さあ、明日15日は福岡から中洲の潤子ママがホタルツアーにいらっしゃいます。
田中さん曰く、「今週は社長の女シリーズだわ。」
まあ、何とでも言いなされ。
親孝行みたいなもんですから。

同級生のりな(中)と春美さん(左)、りなママ(右) 実は乗り鉄女子なのです。

引用元について:
こちらの記事はhttps://www.torizuka.club/2012/06/14/%e3%80%8c%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%8c%e6%9d%a5%e3%82%8b%e3%80%8d%e6%97%a5/より引用させて頂いております。