あなたはユイちゃん? それともアキちゃん?

見ていない人にはわからないと最初にお断りしておきますが・・・
あなたはユイちゃん派ですか? それともアキちゃん派ですか?
対照的ですから、これについては宅系の中でも意見が分かれているシーンがありました。
ちなみに私はもちろんキョンキョン!
それあそうでしょう。
最高ランクのアイドルでしたから。
えっ? 宮本信子さんが良いって?
ああ、わかります、わかります。
何しろ大女優さんですからファンも多いし、おばあちゃんの役をやるにはまだ無理がある感じもしますから。
ちなみに私はトシちゃんと同い年ですから、そこんとこ、よろしく!
というわけで、私が何を言いたいのかというと、ドラマという一つの商品が、幅広い年代の皆様に対応している。これは、NHKならではの気がするのです。
つまり、20代にも40代にも60代にも興味がある内容構成なんですね。
特にローカル線とか昭和とかをテーマにすると、幅広い年代の人たちがお客さんになってくれるということです。
いすみ鉄道も全く同じで、ムーミン列車もキハ52も幅広い年代のお客様にいらしていただいているわけで、例えばムーミン列車ではお母さんと娘さんが仲良くムーミンの話をして記念写真を撮っているし、キハ52やキハ28でも父子連れがとてもよくめだつわけです。
一つのことで親子で会話ができるものって、今の時代はあまりないんじゃないでしょうか。
そして、ムーミンも昭和のキハも、リアルタイムで見てきたお母さん、お父さんたちに、子どもたちは尊敬の念を抱くのではないでしょうか。
そういう世界って、私はいいなあと思うのです。
さてさて、キハ52と28が2両編成で運転を始めてから間もなく3カ月になります。
この春の観光シーズンにはたくさんのお客様にいらしていただきましたが、2両編成で運転すると100名以上のお客様にご乗車いただいても皆様お座りいただけるので、ゴールデンウィーク中、キハ2連は各列車100数十名様にご利用いただきましたが、やっぱり国鉄形は偉大だなあと感じました。
かつて、国鉄時代には列車がとにかく混んでいましたが、その時代を再現できたようで、経営的にもありがたく思いました。
私たち50を過ぎたおじさんたちは、急行列車と言えば必ずと言ってよいほどヘッドマークがついていた時代をリアルタイムで経験していますから、厳つい大型ヘッドマークをつけて走る急行列車がやっぱりカッコイイと思うのですが、かわいそうなことに、そういう時代を知らない人たちが40代以下の人たちで、キハがやってくると、ヘッドマークがない方が良い、などとつぶやいていたりするようですね。
そもそも急行列車がヘッドマークを付けなくなった理由は、国鉄の合理化で、簡単に言えば「面倒だからやめましょう。」ということ。
その、「面倒だからやめましょう。」の経緯というか変遷を身を持って知っている我々としては、ある日突然急行列車からヘッドマークが消え、やがてブルートレインからも消えたわけで、当時の大人たちから、なんとまあがっかりさせられたものだから、自分が鉄道会社の社長になったんだから、やっぱりヘッドマークでしょう。
と、こう考えるわけです。
でも、ヘッドマークがないのが良いという皆様方の希望もかなえてあげたい。
なぜなら、昭和の看板を引っ下げたローカル線は、NHKのドラマと同じで、あらゆる年代のお客様にご満足いただけるツールだからです。
ということで、いすみ鉄道では6月の土日に運転するキハ2連の列車を、ヘッドマークなしで運転いたします。
梅雨に入り、雨の日が続くことが予想されますが、そんなときにもキハに会いに来てくれる皆様に喜んでいただきたいからです。
だから、ヘッドマークがない方が良いというご意見をノタマウ皆様方は、6月がチャンスですから、この機会をお見逃しのないようにお越しください。
で、また7月に入ったら子供たちがたくさんやってくる夏休みに向けて、ヘッドマークを復活させることになります。
いいですか、皆さん。
今だけですよ。
私は、子どもたちに「ヘッドマークを付けた列車のカッコよさ。」を覚えてもらいたいから、そして大人になっても「ヘッドマークはカッコイイ」と思ってもらいたいから、子どもたちがたくさんやってくるときにはヘッドマークは付けます。
でも、国鉄時代の「面倒だからやめましょう。」という影響を受けた皆様方にも、それなりに喜んでいただきたい。
なぜならば、みんなのいすみ鉄道だからです。
皆さん、6月はいすみ鉄道が面白いですよ。
あっ、影山運転士に「ヘッドマークなし」の指示だしてくるの忘れた。
・・・・・
もしかしたら、明日はついているかもしれませんが、その時はご愛嬌ということで。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

[:up:] ご愛嬌?

[:up:]土日以外の祝日にだけ見られるヘッドマークなしの列車。6月はこれで走ります。あとは気まぐれです。

引用元について:
こちらの記事はhttps://www.torizuka.club/2013/05/31/%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%af%e3%83%a6%e3%82%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%ef%bc%9f%e3%80%80%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%a8%e3%82%82%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%ef%bc%9f/より引用させて頂いております。