なのはな号に乗ってきました。

夷隅郡市連合なのはな号の旅
いすみ鉄道主催のこの旅行に出かけてきました。
参加者は総勢180名。
大多喜町はもとより、いすみ市、御宿町、勝浦市、茂原市、一の宮からもたくさんの皆様にご参加いただきました。
6両編成のお座敷列車「なのはな号」で新潟の直江兼続ゆかりの古寺をまわり、越後湯沢の温泉に泊まる旅です。

驚いたのは、今回が第28回目ということ。
何と国鉄時代の木原線の利用促進運動が始まりの、地元の皆さんの鉄道旅行です。
私は、皆様のお世話をする添乗員として参加させていただきましたが、
感想はただ一言 「楽しかった!」
何しろ28回も続く恒例イベントで、10回以上参加される方もたくさんいらっしゃるという事実から見て、とにかく楽しい。
皆さん、お酒を飲んで、ご馳走食べて、カラオケをして。それぞれの芸を披露されて、東京育ちで田舎のない私が、ふるさとに帰ってきたような気がしました。
今回初めて参加された方も、「もっと早く参加しておけばよかった。これから10年分の予約をします!」とおっしゃっていました。
今回は大河ドラマで話題の場所でしたが、こういう旅行って、結局、どこへ行っても楽しいのでしょうね。
各地域の境を越えて、皆、仲良くなって、本当にいい旅行をさせていただきました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
ご添乗いただきました皆様、お疲れ様でした。

引用元について:
こちらの記事はhttps://www.torizuka.club/2009/11/20/%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%aa%e5%8f%b7%e3%81%ab%e4%b9%97%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82/より引用させて頂いております。