キハ52入線一周年記念イベント

本日、国吉駅でキハ52入線一周年記念イベントがありました。

まず、朝8時半に大多喜駅前にボンネットバスと旧車たちが集合。
上総中野方面への臨時列車の運行に合わせて、総元方面へキハ52と並べて写真を撮影するために移動。
その後、ポッポの丘経由で国吉駅にバス、旧車が全部移動し、イベントのスタートです。


キハ52と並べて撮影会はもちろんのこと、体験乗車なども行いました。
国吉駅構内では国吉小学校の生徒さん達が金管楽器の演奏を披露。
模擬店もたくさん出て、数百人のお客さまでにぎわいました。

すごかったですよ。
そして楽しかった。
国吉駅近くの苅谷商店街の街の駅「いってんべぇ国吉」も仮オープン。
さっそく2階の鉄道模型ジオラマにはまっていらっしゃる御仁もちらほら。
バスや旧車たちは国吉と大多喜を行ったり来たりしましたので、日が暮れるまで国吉、大多喜は大いににぎわいました。
駅に人が集まるって、やっぱり良いですよね。
田舎の駅がにぎわっているのが一番の昭和の再現かもしれません。
ご協力いただきました皆さま、楽しい時間をありがとうございました。
キハ52は今度13日に貸切列車のとして61・60Dで本年最後の中の方面に入ります。
13日はその後、90・91Dまで運転。
20日には90・91Dの団体貸切の臨時運転を行います。
シーズンオフにこれだけの人が集まったり、団体貸切があるなど、昭和の気動車はシーズン関係なく集客力があるということを見事に証明できた1日でもありました。

国吉駅では新しく任命された観光駅長と助役がタブレット授受シーンを披露。
皆さん、夢中になってシャッターを切っていました。
よかったですね。いすみ鉄道でこういうシーンが見られるようになって。

引用元について:
こちらの記事はhttps://www.torizuka.club/2011/12/11/%e3%82%ad%e3%83%8f%ef%bc%95%ef%bc%92%e5%85%a5%e7%b7%9a%e4%b8%80%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88/より引用させて頂いております。