国吉駅が・・・・ ラストシーンの舞台です。

大原駅の売店で働いている千春さんが、私にこう言いました。
「社長、そういえば昔ね、国吉駅で映画の撮影やってたの思い出した。」
「へえ、そうなんだ。で、何て映画?」
私が聞くと、
「さあ、忘れちゃったけど、鉄橋の上で撮影していて、枕木に落書きしてるシーンがあったよ。今度、タイトル調べとくね。」
こう言いました。
千春さんは生まれも育ちも国吉で、今でも国吉に住んでいる国吉の生き字引のような人。
(生き字引というほどの年齢ではありませんが・・・)
どんな映画か見て見たいなあと思っていたら、DVDになっていました。

山川直人監督の SO WHAT
すごいすごい。
いすみ鉄道になる直前の国鉄木原線国吉駅がラストシーンの舞台です。
キハ30とキハ35が2両で走ってる。
第2五の町踏切をキハ30+35が通過して、下の田圃に牛がいる。
とにかくびっくりの日本映画です。
このDVD、プレミア付くな。きっと。
私が宣伝したんだからね。
団長、今度一緒に見よう。すごいよ。1980年代。
カトレアさんも大原タクシーさんも今と同じです。
だから何だ! ってか。

引用元について:
こちらの記事はhttps://www.torizuka.club/2013/06/06/%e5%9b%bd%e5%90%89%e9%a7%85%e3%81%8c%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e8%88%9e%e5%8f%b0%e3%81%a7%e3%81%99%e3%80%82/より引用させて頂いております。