本日の活動

本日は良い天気に恵まれましたので、いすみ鉄道沿線にはたくさんのお客様がお越しくださいました。
キハ52の臨時列車にも程よくお客様にお乗りいただきました。
養老渓谷に紅葉を見に来られたグループの方々がたまたまキハ52の臨時列車にご乗車になられて、「懐かしいねえ。」と喜んでいただきました。
沿線にはオート三輪も出没し、乗客の皆様にキハ52とのコラボを楽しんでいただきました。

そして午後からは東金に移動。
県立東金商業高校が理事校役を務める山武地区高等学校PTA連絡協議会の研究集会に参加させていただき、講演させていただきました。
東金商業高校の藤崎校長先生はじめ、関係者の皆様ありがとうございました。
先日の木更津市教育委員会もそうですが、学校関係から私にお呼びがかかるのはどうしてでしょうか?
中学高校時代、学校とか先生とか大っ嫌いだった私なのに・・・
まあ、私が話す内容はどちらかというと不まじめで、難解なことは一つもありませんから、会場の雰囲気もご覧のとおり。
こちら側から記念写真をとっちゃったりで、大笑いでした。

最近では先生方やPTAの皆様方も昔とはずいぶん雰囲気が変わりましたね。
ていうか、自分がその年になっただけなのですが。
「もう少し学生時代にまじめに学生やってればよかったなあ」、と思わなくもないですが、まじめな学生だったら、航空会社辞めてローカル線に飛び込んだりしないわけで、不真面目な、それでいて一途で一つのことに夢中になる悪ガキのなれの果てが今の私の姿なのです。
だから、いすみ鉄道が今日も走っているし、キハ52も元気だと思えば、学校嫌いの不真面目な学生の方が、時には将来世の中のためになるのかもしれませんね。
もっとも、私は家に帰ってから復習する手間を省くため、授業中に1回で覚えてしまおうと、先生の言うことを一言ももらさないように真剣に良く聞く生徒でしたから、学校は嫌いでも勉強は嫌いではありませんでしたので、誤解の無いようにお願いします。
そうそう、先日、高校時代の同級生がいすみ鉄道に友達を連れてやってきてくれました。
かつての私を知る数少ない貴重な友人の一人、渡辺君ですが、その彼が一緒に連れてきた友達というのが、曠野すぐりさん。(ふぐりではありませんぜ!)
中央線の小説「だいだい色の箱」の作者先生です。
奥さまもご同行されていましたので、ハーブガーデンのレストランでランチをさせていただきました。
学生時代の気分に少しの時間だけ戻ることができました。

右端が曠野すぐりさん。その隣が奥さま。同級生のワタ、そして私。
ハーブガーデンのホテル・ノルマンディーにて。素敵なホテルですよ。
ワタ、ありがとうね。今度、また池袋で飲もうぜ。
ていうか、人の顔じっと見ながら「鳥塚、おまえ本当に変わったなあ。」とまじめな顔で言われると、結構ショックだぜ。

引用元について:
こちらの記事はhttps://www.torizuka.club/2011/11/26/%e6%9c%ac%e6%97%a5%e3%81%ae%e6%b4%bb%e5%8b%95/より引用させて頂いております。