社長の家の社長室

私の家の社長室を公開します。[:拍手:][:拍手:]
12畳の部屋に鉄道模型がグルグル回っています。
約4m×3m
12両編成が余裕で停車できるホームが6線。
こんなものが家にあったら完全に病気だ!と言われていますが、
私にとってみれば普通のことなのです。

壁にはサボが。国吉のお店に持っていったりしたので少しばかり隙間がありますが、それでもサボはこの他に数十枚あるし、別の部屋には電光の行先表示方向幕の機械が4台と、信号機が2機、転轍機が1台、飛行機のビジネスクラスの座席が2席並びで一つに、コンコルドの座席(これは貴重ですぜ)がやはり2席並びで1台。そして781系特急電車の座席が2人掛け1台に1人用が1台。飛行機の機内で使う機内食用のカートが1つなどなど、(人は皆ガラクタと呼ぶ)お宝がたくさんたくさん鎮座しています。
話は模型に戻りますが、これは4つの電車を同時に4人で運転することができるもので、夏休みのリゾートホテルで子供向けイベントに使用したり、地元の小学校のバザーで子供たちに運転させたりして貸し出すものです。
私はこの模型をぜひいすみ鉄道の地元に持って行って、観光客や地元の子供たちに楽しんでもらいたいと考えています。
(その案には家内も二つ返事で大賛成! そりゃそうか。こんなものが家にあったら・・・)

これでも製作費は100万以上かかっているので、眠らせておくのではなく、ぜひ皆さんに喜んでいただくために使いたいと考えています。
いつになるかは未定ですが、いすみ鉄道に模型が行きますよ。
どうぞお楽しみに!

引用元について:
こちらの記事はhttps://www.torizuka.club/2009/12/07/%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%81%ae%e7%a4%be%e9%95%b7%e5%ae%a4/より引用させて頂いております。