バビロンの大富豪

DSCF2053今回の旅も今日で終わりです。

私は本当に貧乏な家で育ち、誰からも嫌われる自己中心的な人間でしたが、そんな私が自分で想像もなかった素晴らしい人生を手に入れられたと思っています。

そのノウハウを少しでもこれからの人たちに残しておきたいと思って、このブログを書いています。

DSCF2041そこで今日は「バビロンの大富豪」という本の教えを下に、お金持ちになる方法を書いておこうと思います。

私の親がお金に苦労したのも、若い頃の私がガツガツしていたのも、こうしたお金との付き合い方を知らなかったからでです。

キチンとしたお金との付き合い方を身につけさえすれば、水が低いところに集まるように、お金も無理なく集められると思うのです。

DSCF2052「バビロンの大富豪」では、真面目に働く職人たちが、こんなに働いているのにどうして豊かになれないのをか嘆くシーンが出来てます。

そこで二人が気づいたことは、自分たちは最高の職人になろうと努力してきたが、お金持ちになる方法を学ぼうとしてこなかったということです。

皆さんはコツコツ真面目に勉強したら東京大学に入れると思いますか?

DSCF0288よほど優秀な人なら入れるかもしれませんが、入試のポイントを押さえないで勉強してもほとんどの人は入れないと思います。

それと同じで、お金持ちになる方知らないと真面目に働いているだけでは、ゆとりのある生活は手に入らないと思うのです。

教訓1:まじめに働くだけでは豊かになれない!

DSCF0094主人公のアルカドは大金持ちのアルガミシュに「どうすればお金持ちになれるか?」を訪ねます。

その時の答えが「富というのは樹木と同じで小さな種から育つ。

樹は、早く植えれば植えるほど早く実を結ぶし、自分が稼いだお金を水や肥料としてたっぷり与え続ければその樹は大きく育ち、やがて富の木陰で心安らかに過ごすことができるようになる」と教えます。

DSCF0282教訓2:貧しくても、少しでも早く始めたほうが富を大きく育てられる。

アルカドが大富豪になって、職人たちにお金持ちになる方法を教えます。

すると職人たちは「あなたには超人的な意志の強さがあったからできたんだ!」と言います。

DSCF0114-2それに対してアルカドは、「私が大富豪になれたのを『超人的な意志の強さがあったからだ』と言うかもしれないが、それは違います!

自分に課した課題を何としてもやり遂げるという行動を積み上げただけで、その一つ一つは誰にでもできることです。

たとえつまらないことでも、決めたことを一つ一つ積み上げて最後までやりと抜くことが自信につながるのです。」

DSCF0066結局、お金持ちになれないのは、自分の感情(欲求)に負けて、自分をコントロールできないからだというのです。

教訓3:意志の力などあてにしてはいけない。大事なことは決めたことを、今、実行することです!

商人として大成功した老カラバムが「富を生む黄金5法則」を明かします。

*富を生む黄金5法則*

DSCF01431.黄金は「堅実な者」を好む

2.黄金は「賢明な者」を好む

3.黄金は「慎重な者」を好む

4.黄金は「軽率な者」を嫌う

5.黄金は「強欲な者」を嫌う

DSCF0465その際に、最初にした質問が「ここに金貨がぎっしり詰まった袋と、知恵の言葉が刻まれた粘土の板があったら、どちらを選ぶか?」です。

教訓4:目の前のお金よりも、いつの時代でも通用する普遍的な知恵を身につけなさい!

アルカドは、師匠であるアルガミシュの資産を受け継いでさらに大富豪になります。

DSCF0127それに対して「結局アルカドは運が良かったんだ」と言った人への反論が次の一言です。

「運が良かっただって! 冗談じゃない。

何年も魚の修正を研究し、潮の流れがどんなに変わっても適切に対応できる術を身に着けた漁師はいつだって魚のいるところに網を投げ豊漁を喜ぶことが出来る。

それをお前たちは運が良かったというのか?
DSCF0126
幸運の女神は準備を怠った者なんてあいてにもしない!」

私も30年近く増収増益でやって来れましたが、運だけでは30年間は続かないと思うのです。

教訓5:運の良し悪しは、その人の準備によって決まるものです!

若い日のアルカドは、コツコツ貯めたお金を知人のレンガ職人に託して一儲けしようと宝石を買います。
DSCF0304-2
その時に師であるアルガミシュが言った言葉が、「なんて馬鹿なことをしたんだ! 星座のことを知りたいときに、お前はパン屋に行くのか?

羊について知りたかったら、羊飼いのところに行け!

儲かり方を知りたければ、長い間儲かっている人に聞んだ!

DSCF0301そうすれば適切な助言がもらえるだろう!」です。

結局、アルカドはレンガ職人に騙されてコツコツ貯めたお金を失ってしまいます。

そういえば、さかえやにもそんな青年がいた気がします。

教訓6:魅力的な話に耳を傾けるのではなく、長期的にうまくいっている人の話に耳を傾けましょう!
DSCF0167
バビロンの大富豪では複利の力を教えています。

それに対して、お金儲けを急ぐ人はつい儲かる話を求めがちですが、複利の力を力を知る人は儲かる話を追いかけません。

確かに金利0.01%の今の時代では、複利で運用しても元本が倍になるのに7200年もかかるので、意味がないと思うかもしれませんが、それは違います。

お金だけでなく信用や良い人脈も複利で増えていくものなのです!
DSCF0157
大切なのは、今いくらあるかではなく、お金が流れ込む水路を持っているかなのです。

教訓7:複利の力を知れば、儲けることより、信用や人脈の方の重要性がわかってくる。

私は富豪でも成功者でもありませんが、30年間増収増益が続き、毎月海外旅行を続けています。

DSCF0178-2そうなるコツを、私がコンサルティングしている会社の社長さんや社員さん達に教えておきたいと思うのです。

少しでも参考にしてもらい、皆さんの人生が豊かなものになったら、こんなにうれしいことはないと思うのです。

もし皆さんが希望するのなら、明日はもう少し具体的な内容を書きたいと思います。

DSCF0188-3今日のひとこと
「うまくいかないのは、正しいやり方を知らないか、自分をコントロールできないからです!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

引用元について:
こちらの記事はhttp://blog.livedoor.jp/sugiiyasuyuki/archives/52135903.htmlより引用させて頂いております。