社長、経営者ブログをまとめてランキング!!偉大なる日本の経営者の言葉に耳を傾けてください。
ブログ

アウディTTロードスター(8S)のコーディング方法を考える?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

アウディTTロードスター(8S)のコーディング方法を考える?

アウディTTロードスター(8S)のコーディング方法を考える?


.grukn5d25058d62986 {
margin: 5px; padding: 0px;
text-aligin:center;
}
@media screen and (min-width: 1201px) {
.grukn5d25058d62986 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 993px) and (max-width: 1200px) {
.grukn5d25058d62986 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 769px) and (max-width: 992px) {
.grukn5d25058d62986 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 768px) and (max-width: 768px) {
.grukn5d25058d62986 {
display: block;
}
}
@media screen and (max-width: 767px) {
.grukn5d25058d62986 {
display: block;
}
}

私は基本はBMW乗りなのでコーディングは過去にもいろいろ行ってきました。今回のアウディTTロードスターもコーディングしたいと考えています。

コーディングと言えばデイライト

恐らく日本でコーディングが流行ったキッカケはデイライトだったと思います。海外では安全装備としてデイライトが一般的ですが、なぜか日本ではなかなか実施されていませんでした。

先日の法改正でデイライトの基準が発表されましたので、現在はアウディやBMWもデイライトの設定をして販売しています。

私が今回購入したアウディTTロードスターの中古車は2015年式なのでコーディングは実施されていません。なのでここは絶対にコーディングしたい部分です。

コーディング代金もかなり低価格になりましたが施工できるショップを探すのも大変。

なので今回はPLUG DRLを使用してデイライトのコーディングを行います。最新機種はリカバリーモードがありますので、コーディング前の状態に戻すのも簡単です。

走行中にTVを見たいか?

アウディTTロードスターはバーチャルコクピットなのでダッシュボードにはモニターはありません。

なので、TVを助手席の人のために走行中も見られるようにする、という大義名分は通用しません。

私は年会数回ロングドライブに行きますので連休中の渋滞に遭遇することもしばしばありますので、そんな時にTVが見られないのは苦痛です。

幸いアウディは走行中でもカーナビの操作はできるそうなので、よく考えて必要ならコーディングでTVが見られるようにしたいと考えています。

こちらも同じメーカーからPLUG TVという商品が販売されています。リカバリーモードもあるのが安心です。

アンサーバックはコーディングか?ロック音か?

個人的には施錠解錠時のアンサーバックが必須だと考えています。なので過去の車には大抵・・・


.tpaqq5d25058d62a3e {
margin: 5px; padding: 0px;
text-aligin:center;
}
@media screen and (min-width: 1201px) {
.tpaqq5d25058d62a3e {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 993px) and (max-width: 1200px) {
.tpaqq5d25058d62a3e {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 769px) and (max-width: 992px) {
.tpaqq5d25058d62a3e {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 768px) and (max-width: 768px) {
.tpaqq5d25058d62a3e {
display: block;
}
}
@media screen and (max-width: 767px) {
.tpaqq5d25058d62a3e {
display: block;
}
}

ロック音は車種を問わずに取り付けができるアンサーバック装置なので様々な車に取り付けてきました。

コーディングでアンサーバック機能を再現できる車もありましたが音がイマイチだと感じてロック音を取り付けていました。

しかし、今回はとりあえずロック音は諦めてコーディングでアンサーバック機能を再現する予定です。

理由は簡単です。商品代金+工賃で総額5万円程度必要だからです。ロック音の取付作業は各種配線を取り付ける必要があり、かつ車種によっては配線を探しながら取り付ける必要があり作業に時間がかかります。

アンサーバックもPLUG BBという商品がありますので簡単に、かつ低額でアンサーバック機能を再現できます。

アウディ/フォルクスワーゲン系の場合は車種によってはアンサーバック音がホーン(クラクション)になるようですが、アウディTTロードスターは専用の電子音なので安心。

 

追記

 

調べた結果、アウディTTの場合は個体によって電子音が鳴る場合とフォーンが鳴る場合があるそうです。

問題はこのアンサーバック音が許容範囲なのかどうか?動画で聞く限りはまあまあかな?と思いますが車種が違うので本当にこの音になるのかは不明。

どうしても、イマイチだと思ったらロック音に変更すれば良いので、今回はこちらの商品で簡単コーディングを試してみたいと思います。

私が紹介しているPLUGシリーズのコーディングキット以外にも同様の商品が各種メーカーから販売されていますが、個人的にはPLUGシリーズが一番安心だと思っています。

国産メーカーであること。アウターサービスがしっかりしていることなどが要因です。過去にグランクーペのコンピューター交換の際も、非常に丁寧な対応をしてもらったのがこちらの商品を支持する一番の理由です。


.yhppd5d25058d62a8a {
margin: 5px; padding: 0px;
text-aligin:center;
}
@media screen and (min-width: 1201px) {
.yhppd5d25058d62a8a {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 993px) and (max-width: 1200px) {
.yhppd5d25058d62a8a {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 769px) and (max-width: 992px) {
.yhppd5d25058d62a8a {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 768px) and (max-width: 768px) {
.yhppd5d25058d62a8a {
display: block;
}
}
@media screen and (max-width: 767px) {
.yhppd5d25058d62a8a {
display: block;
}
}

こちらの記事はhttps://syatyou.jp/audi/%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%87%e3%82%a3tt%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc8s%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%82%92%e8%80%83/より引用させて頂いております。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP
Copyright © 社長ブログ.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。