銀 貨

2017-12-11 07:07:07
テーマ:

普段何気なく毎日のように私たちが使っている百円玉。

 

この硬貨が始めて我が国に登場した(発行された)のが、今からちょうど60年前の今日・1957(昭和32)年12月11日のことでした。

 

当時の百円硬貨は、現在のものと変わらぬ重さ4.80gでしたが、銀2.88g(60%)を含有する立派な〝銀貨〟。

 

デザインも鳳凰と桜の凝ったもので、なかなかの格調高さです。

 

   百円銀貨

 

(仮にこの百円銀貨を溶かしたら、現在の取引相場では軽く100円を超えてしまいます。 あっ、もちろん実際にそれをやったら犯罪ですけど・・・。)

 

この史上初の百円硬貨は、翌1958年末まで1億枚製造されました。

 

そして2年後の1959年には、材質は同じままデザインが鳳凰から稲穂に変更。

 

   

 

私が子供の頃は、この稲穂の百円玉をよく使いました。

 

そして現在の百円玉・・・すなわち白銅 (銅・ニッケル合金)貨に変わったのは1967(昭和42)年のこと。

だんだん貨幣価値と材質が落ちてきたことが分かりますネ。

 

古い貨幣にはコイン収集家が高値をつける場合がありますが、この百円硬貨にはそれほどの値は付いていないのが実情だそうです。

 

ちょっと面白いのが、こちらの〝東京オリンピック記念百円硬貨〟(

 

    東京五輪記念硬貨

 

記念硬貨は一般的には価値が高いとされていますが、これは1964年にナント8,000万枚も製造されたために、殆ど付加価値がつかないとか。

 

この年はこの記念硬貨の製造に追われて、一般の百円硬貨が1,000万枚しか製造されなかったので、むしろこちらの方が希少価値が高いんだそうです。

ですから、2020年の東京五輪開催に合わせてまた財務省が記念硬貨を発行したら、安易に飛びつかない方がいいかも・・・。

 

なかなかコインの世界も複雑ですネ。

 

それではここで、硬貨に関する豆知識をひとつ。

 

こちらは皆さんも良くご存じの、現在使用されている百円白銅(銅75%・ニッケル25%)貨ですが・・・

 

  現百円硬貨

 

これ、どちらが〝表〟なのか、ご存じですか?

 

造幣局では便宜上、植物・建物が描かれている面を表、鋳造年が表示されている方を裏と呼んではいるそうですが、実は

 

〝硬貨の表・裏は、法律上規定されていない〟

 

のだそうな。驚き顔 ヘェ~

 

ですからコイントスをする時は、表・裏ではなく植物か?鋳造年数か?
・・・で決めておかないとトラブルになりかねませんから、くれぐれもご注意を!

 

 

             ペタしてね

 

              人気ブログランキング

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-12235412029.html?frm=themeより引用させて頂いております。