パンチ <上>

2014-12-11 07:07:07
テーマ:


いよいよ忘年会シーズン真っ盛り・・・飲み会の予定が立て続けに入っている方も多いことでしょう。

でもついつい飲み過ぎて気が大きくなると、とんだトラブルに巻き込まれることも。

今日はそんな事態を招かぬよう、お酒好きな方の〝心のブレーキ〟になれば・・・という願いを込めて、私の経験談をご披露致しましょう。

自分がまだ20代で損保のヒラ営業マンだった頃、担当取引先の社長にNさんという方がいらっしゃいました。

ごく普通の会社だと引継ぎを受け転任挨拶で初めて伺った時、出てきたN社長を一目見た私は思わず後ずさり。 

だって、バリバリのパンチパーマだったんですもの。驚き顔 ワォッ

どう見ても〝その筋の人〟にしか見えなかったN社長・・・でも付き合ってみれば、凄く優しくて面倒見の良い方だったんです。 

ただ一点を除けば。 

それは、夜飲みに出かける時の出で立ち。

ただでさえパンチパーマなのに夜でもサングラスをかけ、上下は真っ白のスーツ・・・オマケにエジプトの王様がするようなキンキラキンのデカい指輪とブレスレット。

これで新宿の歌舞伎町や区役所通りを闊歩するんです。

身長160cmそこそこと小柄なN社長ですが、胸を張って歩くもんですから貫禄十分。


その後ろを大柄な私がボディーガードのようについてるんですから、知らない人にはどこかの親分が遊びに来ているように見えたはず。

私は万一その筋の方々とトラブルになった時は他人のふりをしようと、徐々に距離をおいて歩こうとするのですが、

「こらっ、ナベ。 ちゃんとついてこねぇか!」

なんてスゴまれると、私も思わず

「へい、すいやせん。」

なんて返事するものですから、まるでモーゼの十戒の如く通行人が歩道の真ん中を開けてくれたものでした。 

        ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-歌舞伎町

さて、そのN親分 ジャナカッタ N社長といつものように新宿で飲み始めたとある晩。


1軒目を出たところで、いきなりN社長がタクシーを止めました。

(おっ、ラッキー! 今日はこれでお開き・・・)と思ったら、


「おいっ、今日はオレの小学校時代の同級生がやってる店に行くから、付き合え!」 


はいはい、そんなに甘くはないですょネ。


タクシーが着いた先は都内某所・・・繁華街からは離れた路地裏。


どう考えても仕事帰りのサラリーマンが立ち寄るような雰囲気ではなく、薄暗い路地にポツンとひとつだけ看板に灯が入っていました。


その看板の横にある階段を降りてN社長が


「おいっ、来たぞ~。」


とドアを開けて入っていくのですが、誰も 「いらっしゃいませ。」 って言わないんです。


(随分と愛想のない店だなぁ・・・) と思いつつついて行くと、奥から

「おうっ、久しぶりじゃねぇか。」

という野太い声が。


見るとカウンターの奥には、やはりパンチ・パーマのおじさんがこちらをギロッと睨んでいるではありませんか。


「このマスター、オレの同級生なんだ。 よろしくナ。

あっ、ナベなァ・・・コイツはオレと違って〝本物〟だから、失礼のないように気をつけろョ。」


「えっ、あっ、はい。 ・・・よ、よろしくお願いします。」


ビビリまくって挨拶した私に、マスターは 「大丈夫だョ、Nちゃん(!)の知り合いには優しくすっからょオ。」 とニヤリ。


店内を見回すと、3つあるボックス席は全部これまたパンチの男性で一杯。

仕方なく我々2人は入り口近くのカウンター席に腰を下ろしました。


「社長、この店・・・もしかして業界関係者御用達なんですか?」


「あぁ。 でも大丈夫だって。

イザとなったらアイツが何とかしてくれるから。」


え~っ、ホンマでっかいナ?・・・私は生きた心地もせず、ただひたすら無事に店を出られることを願いつつ、マスターが作ってくれた水割りを大人しくチビチビ。


そして2,30分程経った頃でしょうか、ボックス席で賑やかに飲んでいた若者グループ3,4人がぞろぞろと店を出て行きました。


最後尾の1人が 「悪い、サイフ忘れちゃってよォ。」 と言いつつドアを閉めた瞬間、なんと酔っぱらっていたN社長が大きな声で、


「バカかっ! おめェは。」


って口走ったんです。


そしたら一回閉まったドアがバンッと開き、「誰がバカだってんだ、オラ~。」と戻ってくるではありませんか。


パンチパーマ&剃りこみ入りの彼が睨んでいるのは・・・なんと、私。
ドアの開く音に振り返った瞬間、目が合ってしまったんです。


隣に座っていた声の主は、背中を向けたまま知らんぷり。


嗚呼、だから入った瞬間からイヤな予感がしたんだょなァ。

完全に犯人(?)と間違えられたナベちゃんの、明日はどっちだ!?ダメだぁ顔


                 ・・・・・To be continued!



           ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10922046112.html?frm=themeより引用させて頂いております。