最 古

アッと言う間に、2012年も今日で終わり。

皆さんにとって、この一年はどんな年だったでしょうか?


そんなことを回想しつつ、大晦日を過ごす余裕があればいいのですが・・・さて、今夜の予定はどうでしょう?


多くの方が毎年決まった過ごし方をされると思いますが、私の場合は静かにお気に入りのクラシック音楽を午後11時30分まで聴き、紅白歌合戦のラスト・『蛍の光』を一緒に歌って会場の両サイドから放たれる銀色の巨大クラッカー(?)を眺め・・・そして、そのまましみじみと


 『ゆく年くる年』


を女房と観るのが吉例となっております。


寒い中わざわざ二年参りに行かず、テレビで全国の名刹を眺める方がラクチンですからネ。


さて、この番組・・・いつから始まったと思いますか?

           ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

なんとルーツは今から85年前の1927(昭和2)年。

社団法人東京放送局(現・NHK放送センター)が上野・寛永寺の除夜の鐘をラジオ生放送したのが最初なんだそうです。


そして現在のように全国各地のリレー形式になったのは1932年。


現役番組としては、日本最古の超長寿番組なんだそうです。驚き顔


そして現在のようなテレビ中継が始まったのは、1955(昭和30)年から。

その時に中継された芝増上寺の除夜の鐘中継は、こんな感じでした。(

         ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草


私も物心ついた時から見てますから、年越しといえばこの番組というイメージがすっかり体に沁みついてます。


民放では派手にカウントダウンしますが、この番組のようにその瞬間静かに〝0:00〟の表示が画面左上に出るだけってのも、シブいですし。


紅白歌合戦の流れで観る方が多いとはいえ毎年視聴率20%を超えるというのですから、私同様この番組を観ながら静かに年越しを迎えたいという方は意外に多いようです。


さぁ、今年はどの神社・仏閣にカメラが入るのか? 今から楽しみ・・・。


それでは皆さん、良いお年をお迎えください。扇子



           ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11358581283.html?frm=themeより引用させて頂いております。