おっちゃん

私がまだ大学生だった今から30年と少し前、世間から注目を浴びた事件・・・というか、騒動がありました。 
俗に 『イエスの方舟事件』 といわれましたが、中高年の方にはご記憶の方も多いと思います。 その中心人物だったのが、

  千石 剛賢

その彼が亡くなったのが丁度10年前の今日・2001年12月11日のことでした。

1923年に兵庫県の豪農の家に生まれた千石氏は、子供の頃こそ裕福だったものの、自ら始めた刃物工場の経営に失敗し倒産。

神戸に出てレストランの支配人として働く傍ら教会に通い始めるも、先妻と離婚。

その後再婚した彼は、その妻と共に大阪の聖書研究会に参加しますが、その主宰者と意見が合わなくなり、信者10名らと上京。

「極東キリスト教会」 と名乗って府中・小平を転々としながら布教活動を行い、やがて家出した女性信者と共同生活をするように。

そして1975年、国分寺市に拠点を置き、団体名を 「イエスの方舟」 と改称。

              ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-千石イエス

しかしその直後から家出した信者の家族とトラブルがあった教団は、1978年頃から国分寺の拠点を引き払い〝流浪の民〟となって全国を転々。

この30人に満たない小さな宗教団体が一躍全国的に知られることになったのは、1979年末に 『婦人公論』 が 「わが娘を返せ」 と銘打って掲載した、信者の母親の手記が発端でした。

突然失踪した娘が教団に監禁され、家に帰ってこないという衝撃的な内容に、産経新聞をはじめ各マスメディアが飛びつき、「千石ハーレム」 とか 「現代の神隠し」 などと報道。

やがては国会でも問題視され、「イエスの方舟」 は狂信的なカルト教団と見做され、千石氏以下5名が名誉毀損や暴行の容疑で全国に指名手配される事態に。

ところが1980年7月に、監禁されていると報じられていた女性信者たちが熱海で記者会見し、家出して教団に残っているのは自らの意思であり、自分たちは千石氏を〝おっちゃん〟と呼んで頼っていたことなどを公表。


また彼らを追跡取材していた 『サンデー毎日』 誌が 「千石イエス独占会見記」 を掲載し、ハーレム等とはかけ離れた教団の実態が明らかにされたのです。

信者の会見後に千石氏は自ら出頭しましたが、結局彼は不起訴となり釈放。

やがてカルト教団の如く名指しした報道はすっかり下火になりました。

信者の多くは一端教団を離れたものの、その多くは家族と和解するなどして再び教団に戻り、北九州に開いたクラブ〝シオンの娘〟でホステスなどをして共同生活を続けたといいます。


千石氏の死後、現在に至るまでこの〝シオンの娘〟は営業を続け、お客の人生相談などを引き受けるなど結構繁盛しているとか。

彼女の親達は、娘が家出した原因が自分たちにあったことに気付けなかった・・・経済成長を果たし物質的に豊かになった反面、家族の絆が希薄になったことを計らずも世に警告たらしめた騒動だったといえましょうか。

今となれば、千石氏が信者達に遺言として残したという 「仲良くすること」、「健康に気をつけること」、「聖書の研究を続けること」 は、至極真っ当に思えます。

女性信者達は、千石氏に〝やさしい父親像〟を見たのでしょうか?

              ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11006128824.html?frm=themeより引用させて頂いております。