テレカ

現在30歳未満の若者には、「テレカ」 って何の事だか分からないかもしれないですネ。

昭和世代(?)の方々には懐かしい〝テレホンカードのことですけれど、これが初めて発売されたのが今から28年前の今日・1982年12月23日のことでした。

それまでの公衆電話は硬貨を入れていましたが、長距離・長時間電話のために開発された黄色い電話機は100円硬貨が使えたもののお釣りが戻って来ず。


それ故学生時代の私は田舎に電話する時はジャラジャラと10円玉をポケットに入れて電話ボックスに走ったものでした。

そんな不都合を解消するために誕生したのが、このテレホンカード。

おそらく、これが初めて世に出た〝プリペイドカード〟だったと思います。

ちょうど私が社会人2年目の時に誕生したこのカード、財布の中で邪魔にならず、いくら使ったのか印字できるということで、爆発的に普及。

そしてデザインも日々充実しプレミアムがつくテレカも登場して、すっかり世間に定着したのですが・・・国際電話にも利用できるようになった頃から偽造カードが出回るようになった影響で高額度数カードが使用できなくなり、更に携帯電話の普及で21世紀に入ったあたりから殆ど利用することがなくなってしまいました。

今や殆ど世の中から姿を消して久しいこのテレカですが・・・こんなデザインの物をプレゼントされた方は、いらっしゃいませんか? (

            ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-テレカ

ゴルフ場のプリントからピンッと来る方も多いでしょうが・・・ホールインワンの記念テレカなんです。


実はコレ、私が10数年前にメンバーコースの公式戦・キャプテン杯の予選ラウンドでホールインワンした時に作ったモノ。


予選会には100名以上の方が参加していたこともあり、アセッて大量に拵えたんですが・・・いざ配ってみたら結構余ってしまい、そのままズルズルと使わぬまま今でも自宅に数十枚が 「不良在庫」状態。ダメだぁ顔


今になって考えたら、こんな 「記念テレカ」 は貰った方も使いづらいでしょうし、現代では殆ど使い道もなし・・・ゴルファー保険金では足りずに自腹切ってまで作ったことを後悔している私。


こうなったら、私が死んだ時に棺に全部入れてもらおうと思ったけれど、不燃物だからダメだろうし・・・さぁて、どうしましょう?うー

皆さんのお宅にも眠っているテレカ、ありませんか?


                ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10657444450.html?frm=themeより引用させて頂いております。