パワー・ウィンドゥ <下>

2011-02-03 07:07:07
テーマ:

店を出ようとする私に、S君はこう言ったのです。

「渡辺様。 私がご自宅までお送り致しますョ。」


正直、私は耳を疑いました。 

だって、ディラーでそんな親切を言われた事、今までなかったんですから。


それどころか、女房に辛い思いをさせた 「ダンボール応急処置事件」 で新潟の某ディーラーにクルマを持ちこんだ時など、自宅まで遠かったため

「バス停までで結構ですから、送ってもらえませんか?」 と尋ねたら、

「あっ、ご自分でタクシー呼んでください。 電話は使って構いませんから。」

と、けんもほろろに言われて、思わずムッとしたことも。


それとは正反対の意表をつく申し出に、「それは助かります。 じゃ、お言葉に甘えて・・・。」 と、彼の運転するクルマに乗り込んだ私は、更に驚かされました。

           ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-パワーウィンドゥ

「じゃあ、道を教えるネ。」 と言う私に、S君の返事がフルッていたのです。

「いえ、昨日ご自宅の場所を確認させていただきましたから、大丈夫ですョ。」

な~るほど・・・そこで私は納得しました。

昨日電話した時に、彼が私の住所をわざわざ尋ねた理由を。 

(こっちが持ち込むって言ってるのに何で住所なんか聞くんだ? 変なヤツ。)

その時そう思ったことを、心の中で詫びた私・・・今まで様々なセールスマンと接してきましたが、ここまで先回りして気がきく若者は初めてでした。


「キミ、歳はいくつ?」


「25歳です。」


「こういうサービスは、社内研修とかで教えてくれるの?」


「いえ・・・自分でいろいろ考えてやってます。」

微笑みながら答え、そして道に迷うことなくしかも最短距離で我が家の玄関前にクルマをつけたS君の見事な段取りに感心してしまい、クルマから降りしなに思わず 「今度買い換える時は、キミにお願いするョ。」 と言ってしまった私。

(な~んて口約束をしたものの、残念ながらその後引っ越してしまったためS君とは疎遠になってしまったんですけどネ。)あせあせ オイオイ

まさに一本取られた感じ・・・実に爽やかな応対に、その日は朝から良い気分で過ごせました。

営業の決め手は、やっぱり〝人〟ですょネ。笑2



                 ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10640880342.html?frm=themeより引用させて頂いております。