ヒヤチュウ

ピカチュウじゃなくて、ヒヤチュウ・・・今日・7月7日は『七夕』ですが、同時に


 『冷やし中華の日』


でもあるのだそうです。

なんでも、この日が二十四節気の 「小暑」 となることが多く、夏らしい暑さが始る頃だから、というのが制定の理由だとか。


少し酢が利いた独特のタレで食べる冷やし中華は、食欲の落ちる夏場でもツルツルと喉を通りますょネ。


最近では、フカヒレとかアワビなどの高級食材、あるいはコラーゲン入りの物があるそうですが、私にとって冷やし中華と言えば、普通のハムや卵焼き、キュウリにトマトという庶民的な食材が細切りで乗っかっているもの・・・それに和からしをたっぷりつけて食べるのが好きなんです。笑2

            ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-ヒヤチュー

この冷やし中華が日本で始めてお目見えしたのは、東北・仙台なのだとか。

1937(昭和12)年、「仙台支那ソバ同業組合」 のメンバーが、夏になると熱い中華料理の売り上げが落ち込むため、それを防ぐ良い方法はないか?と頭を捻ったそうな。

試行錯誤の結果、当時の組合長であった 『龍亭』 の初代主人・四倉義雄氏が冷やし中華の原型・〝涼伴麺〟を考案。

日本のざるそばを参考にしたというこの新メニューは、湯がいたキャベツ・塩もみきゅうり・スライスした人参・チャーシュー・トマトを具として上に乗せた、現在の冷やし中華とは異なるものだったようです。

ラーメン1杯10銭だった当時で25銭という高価格だったにもかかわらず、この冷やし麺は大好評を博しました・・・が、太平洋戦争前後には食糧難のためメニューからその姿は消えてしまいます。

そして1949(昭和24)年に再興した中華料理組合が冷やし中華をメニューに復活させ、のぼりやポスター、更にはチンドン屋さんを雇って大々的に宣伝。 

また食材も紅しょうがや錦糸卵やきゅうりを加えて現在の冷やし中華のスタイルに進化させたそうです。

七夕飾りで有名な仙台が発祥の地であれば、7月7日が冷やし中華の日というのも頷けますょネ。

さて皆さんは、どんな冷やし中華がお好きですか?

しょうゆ味? ごまだれ味? それとも・・・。

ちなみに私の夕食は、インスタントのヒヤチュウ・ 『中華三昧』 の予定です。笑2

                ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10498144784.html?frm=themeより引用させて頂いております。