ヘソクリ

かつてお互いが批判していた強行採決やら審議拒否やら、与野党の立場が逆転しても同じことの繰り返し・・・我が国の政治レベルは相変わらずのようですネ。うー

政権与党において毎日2回の定例記者会見を行う政府のスポークスマン、あるいは総理大臣の女房役・懐刀といわれる重要ポスト・・・内閣官房長官。


この官房長官が使用権限を一手に握っているカネが、内閣官房機密費


正式名称は 「内閣官房報償費」 といい、国政運営上必要と思われる場合その使用目的・使途先を公開する義務がなく領収書も不要、その上会計検査院の監査も免除される資金・・・平たくいえば〝内閣のヘソクリ〟とでも言えましょうか。


過去においては毎年約12億円・月当たり1億円が使われており、今年度の予算計上額は14億6千万円。


そして今年度は10月末時点で既に9億7千万円が支出されているとのこと。


この機密費については、過去に国会議員の餞別や一部言論人への配布、あるいは紳士服の購入費に充てられた云々の報道がなされ、本当に国家のために使われていたのか疑わしい、と何度もやり玉に挙がっているカネです。

ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-平野官房長官
ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-河村元官房長官

今まで民主党を始め野党各党は与党・自民党に対し、盛んに官房機密費の公開を求め続けてきました。

しかし今年民主党に政権が変わると、平野官房長官(写真左)はこれまでとは一転して、その公開をしない旨発言しています。

それどころか就任後2カ月で1億2千万円を使ったことが報道され、「使い道については私を信じてください。」 なんて言う始末。


まぁ背広代なんかには使ったりしなければ、信じてあげてもいいですが。

・・・でも私は思うんです。

少なくとも国政運営のためには、誰にも言えない極秘資金は必要だと。

私は政治、特にこと国防のためには、全ての情報を公開するのは反対です。

どの国にも国家機密はありますし、そのためにかかる資金も必要なはず。

ですから民主党さんは、この問題について言い訳めいたことを発言するべきではないと思いますし、前政権時の河村官房長官(写真・右)が、政権交代間際に2億円引き出した云々なんて話を持ち出して、国民の目線をそらそうという姑息な事をするべきではないでしょう。

私は年間1億円余の官房機密費が何に使われたかよりも、○兆円単位のムダ金を掘り起こすべくしっかりと事業仕分けをして、それを確実に予算作成に生かせるかどうか・・・そちらの方が遥かに重要だと思います。

一般家庭においても、ヘソクリの金額や使い道なんて奥さんは絶対に亭主には言わないですし、無理に知ろうとすれば夫婦間に要らぬ軋轢を生むじゃないですか。ダメだぁ顔

・・・って、そういう次元の問題じゃない?


                ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10393225390.html?frm=themeより引用させて頂いております。