ホッカホカ

今日・1月25日は、大人も子供も大好きな食べ物の記念日・・・

 『中華まんの日』

なんだそうです。

1902年のこの日、北海道・旭川で日本における最低気温-41.0℃を記録したことに因み、寒い日には中華まんを食べて暖まってもらおうということで制定されたのだそうな。

確かに、寒い日にコンビニで湯気が出ているスチーマーに入った中華まんを見れば、ついつい食べたくなりますものネ。笑2

冬のコンビニで主力商品なのは、納得です。


小麦粉などを練って発酵させた皮で具を包み、それほ蒸して作る中華まん・・・これが最初に日本で販売されたのか?


これについては、神戸の老祥記が1915年から「豚饅頭」として売り始めた、とか中村屋が1927年から売り出した「中華饅頭」等々、諸説があるようです。


しかし私達が気軽に中華まんを手にするようになったのは、やはりコンビニで扱うようになっってから・・・という気がします。


中華まんのトップ・メーカーである「井村屋」さんでは、1965年に店頭用のスチーマーを開発したそうですから、コンビニではかなり早くから中華まんを取り扱っていたはず。

         ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-肉まん

昔は肉まん (※関西では豚まんと言うそうですネ) とあんまんしかありませんでしたが、あんまんの上にポチョッと赤い印がついていたような気が・・・。

いつしか肉まんにはてっぺんに〝ひねり〟が入るようになり、その印はなくなりましたが・・・今にして思えば、ちょっと懐かしいというか、残念というか。

そのあんまん・・・中国ではこしあんにラー油などを混ぜていたものを、日本人の口に合うように粒あんを初めて使用したのも井村屋さんだそうです。

で、包む皮も肉まんとアンマンでは製法が違うのだそうで、あんまんには餡と相性が良い米粉が入っているそうです。

皆さん、食べていて違いが分かりますか?

また肉まんにはヒネリが入ってますが、あんまんにないのは何故か。

これは、昔手作りだった頃、肉まんはひねった面を上に、あんまんはひねった面を下にして蒸しあげた名残なのだそうです。驚き顔 ヘェ~

そして現在では、実に様々な種類の中華まんが出回っていますょネ。

現在は肉まん・あんまんはもちろん、ヒザまん・カレーまん・デミグラまん・焼きいもまん・プリンまん・ハンバーグまん・桃まんetc・・・中には地域限定の富士宮やきそばまんまで、よくまぁ考えたもんです。

何となく、パンのランチパックといい勝負している感じもしますが・・・皆さんのオススメはどの中華まんでしょうか?

肉まん・あんまんしか食べたことのないオヤジに、是非有力情報を!ご迷惑をおかけします

                ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11054599542.html?frm=themeより引用させて頂いております。