ミ ミ

今でこそアマチュア・スポーツ選手がTVCMに出演したり引退後芸能界入りするのは珍しくありませんが、一昔前には考えられないことでした。

日本でその草分け的存在(?)といえるのは、おそらくこの方・・・

 木原 美知子 さん

今日は、〝ミミ〟という愛称で国民に愛されたこの女性スイマーの命日にあたります。

木原さんは1948年、岡山県岡山市生まれ。

水泳を始めて僅か1年程で全国中学校選抜競技大会に出場して、100m自由形・背泳ぎ、200m個人メドレーで優勝。

同年に開催された地元・岡山国体に、14歳ながら特別枠で成人の部に出場して3位に入り、一躍天才少女として脚光を浴びました。

1964年には全日本選手権100m自由形で日本新記録で優勝。

同年開催された東京オリンピックでは、400mメドレーリレーで4位に入る活躍を見せました。

その後も競技生活を続けましたが、メキシコ五輪前に日大水泳部を退部して水着モデルに転進・・・1969年から4年間、東レの専属水着アドバイザーを務めました。

(同社はその後キャンペーンガール制度を開始。 杉本彩さんや藤原紀香さんなどの女性アイドルスターの登竜門となりました。)


残念ながら現役時代の活躍は知りませんでしたが、芸能界入りした後の木原さんは私にとって 「スポーティーなお姉さん」 的存在でしたネ。

確か中学生の頃だったか、「金メダルへのターン」 という水泳選手のドラマに、本人役で出演されていたのを記憶してます。


体格が、他の女優とは完全に違ってましたっけ・・・。あせあせ

               ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-木原美知子

その後も女優やレポーター、司会者など広い分野で〝木原光知子〟の芸名で活躍されましたが、私が一番印象に残っているのはCM。


〝夏~の元気なご挨拶、日清サラダ~油セット〟


このフレーズと共に、随分と長い間キャラクターを務めていらっしゃいました。


一方で本職(?)の水泳でもマスターズの大会に出場し世界大会で優勝を果たすなど、決して芸能活動だけで終わらなかったのはサスガ!


そして 『ミミスイミングスクール』 を立ち上げ、後進の指導や水泳競技の底辺拡大に尽力されていた矢先の2007年10月13日・・・母子水泳教室の指導中にクモ膜下出血で突然倒れ、その5日後の18日に59歳の若さで帰らぬ人となってしまいました。


「グランドや土俵の上で死ねれば本望」 とよく言いますが、昨年試合前に突然倒れこの世を去った巨人・木村コーチ同様、志半ばのままプールで倒れた木原さんはさぞ無念だったのではないでしょうか。


近い将来、ミミスイミングスクールから金メダリストが誕生することを願いつつ、〝元気でキレイなお姉さん〟のご冥福をお祈り致します。笑3



                ペタしてね


こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10946942916.html?frm=themeより引用させて頂いております。