ラー博

昨日の 「愛子さま登校拒否(?)」 報道には驚かされました。

学習院でも、そんなイジメまがいの実態がある・・・というのもそうですが、何よりもこの事実を宮内庁が公式発表したことに、です。

学習院側の会見には、うろたえた様子がアリアリ。

しかもその内容は、いくら女の子でもその程度で学校に行きたがらなくなるのか? と疑問に思わざるを得ないもの。

愛子さま・皇太子ご夫妻、そして乱暴をしたといわれる男の子を含め、公表することは誰にもメリットがないと思うのですが・・・どうしてこんな発表・会見をしたのでしょう?

もし学校側の発表が事実 (個人的には事態はもっと深刻だと思えますが) ならば、あくまでも子供同士・学校内で解決できるレベルのものだと感じますが、責任逃れしたい(?)大人が出しゃばって問題を大きくこじれさせ、純粋な子供たちの心を傷つけないようにしてほしいものです。

          ((((((((((((((((((((((((_ _;

閑話休題。

今や日本人の国民食と言っても過言ではない、ラーメン。

地元住民に愛されている老舗や、新しい味で勝負を賭ける若者が出す新規店等々・・・全国には美味しいラーメン店が数多くあります。

それらの個性あふれるラーメンを、ご当地に足を運ばなくても食べられるのが、

 『新横浜ラーメン博物館』

この〝フードテーマパークの元祖〟が開館したのは、今から16年前の今日・1994年3月6日でした。

生まれ故郷である新横浜が、開発によりどんどん昔の面影がなくなっていくことを憂えた館長の岩岡洋志(※女優・五大路子さんの実弟) は、当時はまだ飲食店が少なかったことに注目。

流行に左右されない食材・ラーメンを扱う事を思いつき、インスタントラーメンが世に出た昭和33年の原風景を再現したこの博物館は、開館と同時に大盛況・・・ラーメン一杯食べるのにン時間待ち、という異常事態が続きました。

          ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-ラー博

岩岡館長をはじめスタッフが自らの足を使って全国を食べ歩き、地元の評判を直接リサーチした上で厳選した名店を定期的に入れ替えることによって、来場者は飽きがくることなく美味しいラーメンを味わえるのがこの博物館のウリ。

しかし開館に際しては、過去にこのようなテーマパークのモデルがなかったため、出店交渉には大変な苦労があったそうで、中にはOKの返事をもらうまで3年もかかったお店もあったとか。

そういった苦労を乗り越えた末に大成功を収めたわけですが、以降様々なフードテーマパークが2匹目のドジョウを狙って作られたものの、あまりうまくいっていない現状を見ると、やはり元祖は元祖・・・想いや信念の深さの違いを感じますネ。

これからも様々な名店が入れ替わり、来場者の舌を楽しませてくれることと思いますが、私自身の生まれた年・昭和33年の風景だけはズ~ッと残して欲しいものです。笑2

・・・ということで、今日の昼食はラーメンに決定!? ラーメン


                ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10419692826.html?frm=themeより引用させて頂いております。