世紀末


皆さんは〝予言者〟というと、誰を思い浮かべるでしょうか?

私は何と言っても、ノストラダムス・・・今日は、本名を

 ミシェル・ド・ノートルダム

  (Michel de Nostredame

という、この世界的に有名な占星術師・・・だけでなく、同時に医師・料理研究家でもあった彼の命日にあたります。

1503年に現フランス・プロバンス地方で生まれたノストラダムス。

幼少時代の詳細は不明ですが、15歳頃にアヴィニヨン大学に入学したことは確かだとか。

その後25歳の時にモンペリエ大学に入り、そこで薬学師の資格や医学博士号を取得したとされていますが、確たる物証はなし。


また結婚し子供もいたようですが、その私生活についても謎だらけ・・・まぁ、予言者のプライベートは神秘的な方がベターでしょうけどネ。あせあせ


医師としての実績は定かではありませんが、40歳代後半からの彼はサロンの名士として持て囃されるようになります。


そして1年先の予言を行った書籍が評判を呼び、彼は更に遠い未来を予言する書籍を著しますが、その中でも後世に話題になったのが 『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』。

             ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-Michel de Nostredame

そして予言者らしく自らの死期を悟ったのか、公証人を呼んで遺言書を作成した2週間後の1566年7月2日、62歳でこの世を去りました。


さて、彼の名を世界に広めたのは、「1999年7の月、恐怖の大王によって人類が滅亡する」 と予言したとされる世紀末滅亡説。


日本でもそれに関連した書籍が大ブームとなり、1999年の春頃からマスコミでも盛んに取り上げました。


TVでも科学至上主義の某大学教授といかがわしい(?)評論家が激論を戦わせる番組が何回も放映されましたネ。


しかし結局7月を過ぎても地球は存在し続け、それまでのノストラダムス熱はどこへやら。うー


あの時盛んにTV出演していた評論家達、今はどうしているんでしょう?・・・と思ったら、今度は2012年のマヤ文明における人類滅亡説がチラホラ。


昨年公開された映画 『2012』 は、この予言を基に制作されました。


とかく世相が不安になると、この手の話題が出てきますが、私に言わせればこれらも〝流言飛語〟の類。


ノストラダムス師には失礼かもしれませんが、私は予言など気にしません。

だって本当に地球が滅びるなら、私個人ではどうしようもないですから。


腹を括って、1日1日を精一杯生きるだけです!

・・・とはいえ、自分が生きている時に地球が割れるのは勘弁してほしいですけどネ。冷や汗



              ペタしてね



こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10855082201.html?frm=themeより引用させて頂いております。