中間点

2009-07-30 07:07:07
テーマ:

埼玉県・川口IC~青森県・青森ICを結ぶ全長679.5kmの、


 『東北自動車道』

この日本最長の高速道路が全線開通したのが、今から22年前の今日・1987年7月30日のことでした。

毎年お盆や年末年始になると、決まって「上河内SAを先頭に渋滞○○km・・・」などと渋滞が所々に出来る、ドライバー役のお父さん達にとっては、あまり良い思い出がない高速道路かもしれませんネ。あせあせ

かく言う私、この高速道路はゴルフ場への行き帰りや、日光などへの日帰り旅行では大変お世話になった道路なんですが・・・最も印象深かったのは、初めて青森まで走った時の事でした。

東北自動車道が全通してからまもなく、私は本店から青森支店への転勤辞令を受けました。

快晴となった3月末某日の午前9時過ぎ・・・私は職場の同僚に見送られて、日本橋にあった本店前から、一路青森へとマイカーで出発。

首都高速から浦和の料金所を抜け、快調に車を飛ばした私は4時間近くぶっ通しでドライブを続け、仙台市内を通過。

「よぁし、あと一頑張りだ!」・・・そう思ったちょうどその時、この看板が目に飛び込んできたのです。(

           ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

今から考えればバカとしか言いようがないんですが、当時の私は 「青森って仙台の少し先」 にあるって思い込んでいたんです。ダメだぁ顔

なもんですから、この看板見た時、「えぇ~、コレだけ走ってまだ半分なの?」 と少なからずショックを受けたのです。

正直、半分折り返して帰ろうかと思ったくらい・・・。

次のSAに入って、「ハァ~・・・」 と溜息をつきながら昼食を取り、ガソリンを満タンにして気力を振り絞りながら再出発。

東京は晴れていたのに、だんだん空は灰色・・・約8時間かけて青森ICを出た時には辺りはすっかり薄暗くなっていました。

小雪が舞う駐車場で迎えが来るまで待った30分間の、まぁ心細かったこと。

しかし人間というのはいい加減なもので、その後何回か東京~青森を車で往復するうちに、この看板を見ると 「おぉ、もう半分来たぜ!」 なんて元気が出るようになったんですけどネ。

今でもこの看板、その当時のままなのかなァ~・・・。笑2


            ペタしてね

(※写真は lady main jp より)





こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10277672138.html?frm=themeより引用させて頂いております。