五目並べ <番外編・下>

オフィスに戻ると、ペアの女性社員はエラい剣幕で出て行った私を心配して、帰りを待っていてくれました。

「渡辺さん、また社長と喧嘩したんじゃ・・・。」

「あははっ、大丈夫だょ。 ちょっと五目並べしてきただけだって。」

「本当? ならいいんだけど。」

「心配ないって。 待たせちゃって、ごめんナ。」

そう言うと、ようやく安心した素振りで彼女は帰りました。


さて翌日。


営業の外回りで朝から出歩いていた私が夕方帰社すると、ペアの女性社員がニコニコしながら待ってました。


「ちょっと渡辺さん、信じられないことがあったのョ。

D社長がさっき来てネ、私にコレをくれたの。」


彼女が指を差した先には、高島屋の紙袋が・・・。

           ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-高島屋

「こんなこと、初めて・・・渡辺さん、昨日社長に私の好物を教えたでしょ!」


「いやっ、そんな事話してないって。 きっと前から知ってたんじゃない。

それよりもケーキを渡した時、何か言ってた?」


「いえ、何も。 『ほれっ。』 っていきなり渡して、すぐ帰ったわょ。」


「ふ~ん。 じゃ、きっと社長も昨日は言い過ぎたって反省したんじゃない? 

恥ずかしくて言えなかったんだょ、きっと。」


「そうかなァ・・・そうだといいけど。」


そして彼女が帰った午後6時過ぎ・・・私は再びD社長の事務所へ。


「こんばんは~、また五目並べしに来ましたョ~。」 

D社長、ブスッとした顔でソファに腰掛けてました。


「なんだ、お前か。 また説教でもしに来たのか?」


「またまた、ご冗談を。 じゃ、今日はもう帰りましょうか?」


「まぁ、せっかく来たんだから、少しやろうか。」


「そうこなくっちゃ。」・・・しばし黙って碁盤を囲む2人。


また3局目に入ったところで、私から口を開きました。


「さすがですねェ、社長。」


「何がだョ。」


「今日ちゃ~んとケーキ持って来てくれたらしいじゃないですか。」


「あぁ・・・まぁな。」


「で、ちゃんと謝ったんですか、彼女に。」


「・・・・・忘れた。」

「あらまっ・・・でも彼女、喜んでましたョ。 

しかし社長も、意外と素直なところがあるんですねェ。」

「うるせェ。 あっ、これで四・三の出来上がりでオレの勝ち。」

「ありゃりゃ・・・。 やっぱり良い事した日は強いや。」

「お前、ホント口の減らねェヤロウだな。 また出入り禁止にしたろか?」

「はいはい、ご自由に。」

その晩は、10局以上付き合ったナベちゃんでありました。


もう何年も前に鬼籍に入られた、D社長。

怖いけど、カワイイところもあった・・・なんて書いたら、「日本軍人をナメるなっ!」 って今晩あたり日本刀を手に、私の夢枕に立つかも

・・・そういえばD社長、私には遂に何もくれなかったなァ。あせあせ

             ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10618310296.html?frm=themeより引用させて頂いております。