名古屋式

2011-08-07 07:07:07
テーマ:

名古屋名物というと、コーチン・きしめん・ういろう等々沢山ありますが、私にとってはもうひとつ・・・「喫茶店」 があります。


以前TV番組で見たのですが、「モーニングサービス」 が半端じゃないとか。


そんな喫茶店激戦区の名古屋(中京地区)で、ココを知らなきゃモグリと言われるほど有名なのが、


 『コメダ珈琲店』

私も名前だけは知っていたんですが、最近あるブロガーさんから弊社事務所近くにお店が進出したという情報をいただきました。


ボリュームたっぷりという噂の 「名古屋式(または中京式?)」 を実体験すべく、早速行ってみました。


朝は混雑すると思い、少し早いランチを兼ねて・・・と、11時少し前に向かったのですが、半端な時間帯にもかかわらず、広い駐車場はほぼ満車。


いかにも珈琲店というか田園風の店舗は、出来て間もないせいもあってか非常に綺麗。

         ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-コメダ

店内に入ると、出来るだけ隣のお客さんとセパレートしようということなのでしょうか、しっかり間仕切りができている、半個室状態がイイ感じ。


女性店員さんが渡してくれたおしぼりも、近年では珍しくちゃんとしたタオル地。 

しかも広げたらコメダ珈琲店のロゴが入った専用というところに清潔感があります。


さて、何を食べてみようか・・・とメニューを見渡すと、同店の名物といわれている〝シロノワール〟が目に入ってきましたが、いかにも甘そうなのでパス。


やっぱり名古屋のお店ということで、〝みそカツサンド〟に決定。

もちろん、食べるのは生まれて初めて。


店員さんが、「11時前ですので、モーニングをおつけできますが?」

と言ってくれましたが、とりあえずはお断りしました。


待つこと数分・・・出てきたのがこちらです。(

         ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-コメダ

(うわっ、デ、デカッ!)  これが第一感。


写真右にあるのが普通のフォークですから、ほぼ横25cm×縦15cm×高さ10cm・・・優にマックのハンバーガー2.5個分以上はあるでしょうか。


食べてみると、意外にも甘い味噌がパンにもよく合って、美味しかったです。


しかし、昔は大盛専門だった私でさえ、これ1個食べればお腹パンパン。

モーニング頼めば、これにトーストと茹で卵・・・って、そんなに食べられるわけありません。


中京地区の方って、皆さん大食いなんでしょうか?・・・名古屋式、恐るべし。

そうそう、アイスティーはストレートで頼んだんですが、「ストレートでも甘みがついてます」 って言われたんですけど、これも名古屋式なんですかネ?あせあせ


そのアイスティーが470円。 他の飲み物も400円以上が殆どでしたが、この価格設定は少々高めに感じました。


豪華な名古屋式モーニングは、ドリンク類で元を取っているのかナ?


しかしボリューム満点とはいえ、カツサンドとアイスティーで1,220円・・・これ、サラリーマンのランチとしてはちょっと高いですょネ。 

ただし、380円のハンバーガーもありますが。


(これだったら、牛丼3、4杯は食べられる)・・・セコい私はついついそう考えてしまいました。


分量と価格を考えると、女性2人でシェアすれば丁度いい塩梅かも?


確かにメニューを見る限り、モーニングが人気になるのは良く分かりました。

午前11時以降のお客さんの入りがとうか? がポイントかもしれません。


調べてみたら、同社は東海地区を中心に関東・関西・北陸信越で全412店舗、都内だけでも私の入った板橋四葉店を含め池袋・町田等で12店舗あるそうな。


お近くの方は、是非名古屋式喫茶店をお試しになってみてください。

              ペタしてね




こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10969534672.html?frm=themeより引用させて頂いております。