変 則

クルマを運転される方はよくご存知かと思いますが、交差点についている信号機には、3色以外に下に矢印のあるものをよく見かけますょね。

特に交通量が多くて大きな交差点には、右折だけでなく直進や左折の矢印が出る信号機がついています。

で、普通は矢印・上(直進)矢印・左 (左折)の矢印が同時に出て、黄色信号の後に 矢印・右 (右折)の矢印が出る・・・こういうパターンが一般的だと思います。

ところが、会社の近くにある信号機・・・いつの間にやらそれと違うパターンに変わっていたんです

私がこの交差点を左折しようと思って車列に並んでいたら、信号が変わって隣の直進車線はどんどんクルマが進むのに、私のいる左車線は全く動かず。

(先頭の運転手さん、信号見てないな~。)

と、クラクション鳴らそうと思って前を見たら、ナントこの信号、直進矢印だけが出ていて、左折矢印が出ていないのです。驚き顔 エッ? 

           信号1

一瞬、私は(この信号機、壊れてるんじゃないか?)って思ったんですが、その約20秒後に“後出し”で左折矢印が出たんです。(

          信号2

(エッ? なにコレ、ど~なってるの??)

な~んてアタフタしているうちに、信号はアッという間に黄色から右折矢印に変わってしまい、私は左折することができず、逆に後ろの車からクラクション鳴らされる始末。ダメだぁ顔 アチャ~

後でよ~く見ると・・・この大きな交差点では、歩行者の巻き込みを防ぐため、左折矢印の前に歩行者信号だけを青にしているんですネ。

「なぁ~るほど!」 なんて妙に納得したんですが・・・。

ところが先日、この交差点を左折したところで警官が2人立って取締りしてたんですョ。

彼らは、矢印が出る前にウッカリ左折するクルマを〝狙って〟いたのです。

そりゃあ、「信号見てなかったの?」 って言われたら抵抗しようがないでしょうけど・・・この信号自体、予告なしにシグナルパターンを変えているんですから、ズルいですょネ!

更にはココの交差点、反対方向の信号は通常モードで左折・直進は同時表示・・・ややこしいことこの上なし。

警察のお仕事って、キップ切る以前にまず歩行者の安全確保でしょう。 交差点に立ってドライバーに注意を促すべきじゃないの?・・・って言いたくなります。怒

ドライバーの皆さん、くれぐれも〝矢印信号機〟にはご注意を!

あっ、ちなみに私は捕まってませんからネ・・・・・・・・・・ここでは。うー


             ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10152163042.html?frm=themeより引用させて頂いております。