宣 言

最近、我が国でも注目を浴びるようになった〝LCC〟

ローコストキャリア(Low-Cost Carrier )・・・いわゆる格安航空会社です。


先月も派手なパフォーマンスでたった5円の航空券をアピールする会社も現れるなど、海外の航空会社も入り乱れての激戦が予想されます。


従来の航空運賃からは考えられない安さですが、それを実現するためには当然のことながら徹底したコストカットが必要。


機内での飲食は全て有料、座席もギリギリまで詰める・・・まぁ、この辺は当然といえば当然ですが、1998年から就航している業界の老舗(?)・スカイマーク社が先月から始めた 『宣言』 には、ちょっと驚かされました。

        ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

同社が機内の座席ポケットに備え付けた〝サービスコンセプト〟には、こんなことが宣言されているとか。


 ◇ 機内での苦情は一切受け付けません。 

   (※苦情は同社お客様センターか消費生活センターへ)
 ◇ 客室乗務員に丁寧な言葉遣いを義務付けておりません。

   場合によっては厳しい口調で注意致します。
 ◇ 手荷物の収納は援助しません。

 ◇ 客室乗務員は会社支給のポロシャツを着用する以外、服装・ヘア

   スタイルは自由。

等々。

同社は、従来の航空会社とは異なるスタイルで機内のサービスをしていることを強調し、トラブル防止のための先制パンチといったところ?

「アナタは、それを分かって搭乗されたんですょネ?」 という、あたかもお客様に対する〝宣戦布告〟・・・皆さんはどう思われるでしょうか?

 ①格安である以上仕方がない。 納得して利用する。
 ②納得して乗るけど、何かあったらやっばり文句は言う。

 ③いくら安くても、そんなノーサービスの飛行機には乗らない。

ただ②の方の場合、乗務員を呼び出してクレーム言おうとしても、彼(女)らは黙ってこのサービスコンセプトの一文を指差すだけかもしれませんが。あせあせ

接客サービスに敏感な私にはちょっと受け入れ難い宣言ですし、細やかな日本人に受け入れられるかどうかは疑問ですが、その答えは同社の業績で出されることになるでしょう。

ただいくらサービスを落としても結構ですが、安全管理だけはしっかりして欲しいもの。


4月の関越自動車道のバス事故ではないですが、いくら安くても命に関わる事故を起こしたら、元も子もありませんから。うー



              ペタしてね



   

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11265931479.html?frm=themeより引用させて頂いております。