屈 辱

2010-09-25 07:07:07
テーマ:

日本は三権分立国家ではなかったのでしょうか?


尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に衝突し公務執行妨害で逮捕された中国人船長の釈放 (実質的な無罪放免) を、昨日突如発表したことには本当に失望させられました。


いや、怒りさえ覚えたといっていいでしょう。


仙谷官房長官は 「釈放は検察側独自の判断」 などと言明していますが、それならば拘留期限延長までした検察側がなぜ突然対応を変えたのか説明がつきませんし、また 「日本では前科がないから」 などという釈放理由は、到底納得できるものではありません


仮にそれが本当だとしても、(最高検と協議したとはいえ) 沖縄地検という一司法機関が政治問題を勘案して〝超法規的措置〟を行使するなど、全く筋が通らないでしょう。


日本政府側は 「粛々と国内法に則って処理する」 と言明していたのに、中国から強まる一方の圧力に対しこれといった対抗策を取らぬままでの突然の釈放は、対外的にも中国に屈したイメージだけを残す形となりました。


一連の流れを見るに、相変わらずの外交下手が目に余ります。


当初政府側(前原大臣)は、「衝突が中国船によるものであることは明白」 といいながら、その根拠となるVTRを現在に至るまで公開せず。


一方次々と報復措置を繰り出す中国は、遂には国連の場で温家宝首相が我が国を批判する発言を堂々しているのに、日本側は沈黙。


なぜこの時点で 「尖閣諸島は日本固有の領土であり、非は中国船にある」 と我が国の指導者は明言しなかったのか?

            ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-尖閣諸島問題

確かにレアアースの輸出禁止など、経済的なダメージは大きいでしょう。

しかし、それよりも領土を守る方が遥かに大事であり、それが長い目で見た場合国益に叶う・・・と私は思うのです。


アメリカが (本当に履行するかどうかは別にして) 「安保上、尖閣諸島はその適応範囲に入る」 と援護射撃(?)をしたその翌日に釈放を発表したことも、彼らの顔を潰したと言ってもいい最悪のタイミング。


そして現在、中国との領土紛争を抱えているアジアの国や地域が抱いていた我が国に対する期待や信用を、大きく失墜させたことは間違いないでしょう。

今後中国はこの前例を事ある毎に持ち出し、尖閣諸島の領有権を今まで以上に声高に主張することは明白。


船長の釈放は我が国の外交能力の稚拙さを露呈し、中国・北朝鮮を除くアジア諸国の信頼を損ねたことで、将来に大きな負の遺産を残すような気がしてなりません。

そして何より、日々命懸けで我が国の領海・領空を守っている海上保安庁職員や自衛隊員の、著しいモチベーション低下を招くことが心配です。

以前、国会議員が大挙して北京詣でをしたにも関わらず、中国と裏交渉のできる人脈・パイプが殆どない事を露呈したといえる民主党政権・・・彼らには、日本の領土・国益を守る気概・能力があるのでしょうか?


そもそも、国旗(日の丸)に敬意を表さない人間が総理を務めているのですから、それを期待する方が無理なのかも。うー

最低でも衝突時のVTRを公開し国民が納得する経過説明ができないならば、検察に判断責任を押し付け責任逃れを図る〝不作為内閣〟に対する国民の信頼は一気に下落・・・いや、そういう政権に国の運営を任せるべきではないでしょう。


                 ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10657854086.html?frm=themeより引用させて頂いております。