川流れ

そもそも〝政党〟とは何か?

辞書によれば、「共通の政治的主義・主張を掲げる者によって組織され、一定の政治的利益や政策実現のために活動する集団」だという。

とするならば、現在我が国の与党・民主党は、既に政党とはいえないのではないでしょうか?

先日同党執行部は消費税増税と社会保障の一体改革関連法案を巡り、自民・公明両党との3党修正合意について前原誠司政調会長が 「一任」 を取り付けたと一方的に宣言して議論を打ち切り。

これに対し小沢一郎元代表のグループを中心とする消費増税反対派は一任を認めず猛反発、その後も妥協する様子はなく党内対立が深まっています。

政治的主義・主張に共通性があるとは、到底言えますまい。

過去自民党においても様々な意見の食い違いで造反や離党した議員がいましたが、これ程の重要政策で完全な食い違いがあり且つ大量の反対者がいる以上、同一政党としてやっていくのは無理があるし、国民の納得も得られないでしょう。

もっとも反対派が 「マニフェストを捨てたに等しい」 という主張に関しては、何を今更・・・と呆れている方が多いと思いますが。


         ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

確かに消費税の増税が即大きな財源となって社会保障の拡充に貢献するのか?・・・確たる保証はありません。


さりとて小沢氏や配下の田村亮子氏らが口を揃えて 「増税の前にやることがある」 と言っていますが、それが何なのか? 殆ど具体的な施策が見えないのも事実。


傍から見れば単なる党内の駆け引き・権力闘争にしか見えず、やっていることが党名である 「民主」 とは大きく乖離しているでしょう。


党の方針に断固反対するなら、離党して新党を作り国民に理解を求めるべきでは?


そもそも民主党は、自民党から社民党まで主義主張が違う政党出身者の寄せ集め集団。 例えは悪いですが、巨人の敗北を願うアンチ・ジャイアンツの集合体の如きもの。

殆どが元々阪神やらロッテやら他球団のファンだったはずですから、巨人(つまりは自民党)をやっつけたことで共通の目的を果たせば、後はもう団結する根拠がない・・・とも言えましょうか。

国家の重要施策に関してこれだけ大きく党内の意見が割れ取りまとめができない以上、今国会でこの法案が可決成立してもしなくても、野田首相は潔く国会を解散すべきでしょう。

いや本来なら、マニフェストで国民に約束した施策を悉く実行できていないばかりか、しないと明言した増税を目論む以上、法案提出前に国民の信を問うのが筋というものですが。


まぁいつ解散するにせよ、選挙後の同党は永田町で言うところの〝馬糞の川流れ〟状態でしょうけどネ。うー

あっ、その意味合いをご存じない方はネットで調べてくださいネ。 

ちょっと拙ブログで書くのは憚られますので・・・。あせあせ バッチィ


               ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11282131391.html?frm=themeより引用させて頂いております。