店主敬白 その2

2009-05-29 07:07:07
テーマ:

一昨日、某ラーメン屋さんの〝店主のお願い〟について触れましたが・・・続く時は続くもので あせあせ、お口直しのつもりで昨日お昼に入った別のラーメン店でも、こんなことがありました。

今回のお店も私のお気に入りで、チョクチョク食べに行くところなんですが・・・。

開店直後の入店でその日最初のお客となった私は、いつものラーメンとトッビングのチケットを買ってカウンターに置き、席に座って持ってきた本を読み出しました。

するとカウンターの中から店主が、「あの~、すみません。」 と声をかけてきたんです。

「今、トッピングの一品無料サーピスやってるんですョ。」 

えっ、そうなの? じゃあ、返金してくれるんだ・・・と、ほくそ笑んだ瞬間、店主が続けてこう言いました。

「すみませんが、券売機で買ったものは返金できないんで、もう一品選んでもらえますか?」

おいおい、買った後からそんなこと言われても・・・。うー

私は断るのもシャクにさわり、結局カロリーゼロ(?)のもやしを意地で追加オーダーしたものの、何か釈然としませんでいた。

案の定というべきか、私の後から入店したお客さんも 「一品サービス」 には気づかず、食券を買ってから店主に言われて 「なぁんだ。」 の連発。

4人続けて同じパターンの繰り返しで、さすがにマズいと思ったのか・・・店主はその後お客さんが入ってくるたびカウンターの中から声を張り上げて 「一品サービス」 のご案内を始めました。 


スープの入ったドンブリが目の前に並んでいるのに・・・。ダメだぁ顔 バッチィ~

(だいたい、そんなサービスのことなんか、どこにも書いてないじゃないョ。)

そんなことを思いつつ、店を出たところで初めて気が付きました。

ドアの脇に、こんなA4サイズの 「お知らせ」 がひっそりと・・・。(

         ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-店主のお願い2

何ともやる気を感じない、地味ィ~な色合い。

オヤジさん、これじゃあ誰も気づかないって!ダメだぁ顔

おまけに 「返金できない」 条件つき・・・サービスどころか、かえって損したような気分になっちゃいませんか?


お客様が誰でも気づくような分かりやすい告知をしなきゃ、せっかくのサービスも逆効果・・・これも反面教師にすべき事例といえましょうか。

・・・それとも、単に私がセコイだけ?

              ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10260708029.html?frm=themeより引用させて頂いております。