引越し

先週は、〝スズメバチ侵入〟や〝貞子事件〟、更には〝あわや万引(?)〟等々、およそ何年分かの珍事が続けざまに起こった一週間でした。

連休明けの今週は、どうか穏やかな日々でありますように・・・。笑3


さて、今日・10月13日は〝引越しの日〟なんだそうです。

1868(明治元)年に天皇陛下が江戸を東京と改称する詔を発し、同年9月20日に京都を出発。 翌10月13日に江戸城に入られたことに因んで、全国引越専門協同組合連合会が制定したのだそうです。

随分と〝やんごとなき日〟を選んだものですねェ

ベートーベンは56年の生涯で79回も引越したといわれていますが・・・そこまででなくとも、殆どの方は生涯で少なくとも1回は引越しを経験されるでしょう。

皆さんは今まで何回経験されていますか?

私は保険会社勤務20年で10回経験しました。

中でも凄まじかったのは、〝8ヶ月で3回〟というのがありましたが・・・このエピソードについては拙ブログ、

〝悪夢の転勤〟~上・中・下~  (こちら ↓)

< http://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10077763820.html
>~

で述懐していますので、よろしければお読みください。

自分で言うのもナンですが、他人の不幸・・・結構笑えますョ。あせあせ ジギャクテキ?

今にして思えば、20年以上前の引越しは結構大変でした。

転勤の辞令が出ると、どこのお宅の奥様も食器はひとつずつ新聞紙にくるみ、衣類も丁寧にたたんで・・・などと、役所の諸手続きを含め数週間はその準備に謀殺されたものです。

ところが業界競争が激化する中、引越し代行サービスや食器をそのまま入れられる特殊ケース、さらにはオール女性スタッフによる引越し等々、昔からは考えられない程の進化を引越しするたびに感じました。

で、私が一番印象的だったのは、コレを見た時。(


              ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

そう、衣類をそのまま入れられる〝ハンガーボックス〟

「いゃ~、これは便利。 これを考えついた人はスゴいなァ。」

始めてコレを見た時は感動さえ覚え、早速箪笥の中の背広を入れようとしたら・・・なんと私の肩幅が広すぎて真っ直ぐに入らず。ダメだぁ顔 

無理やり斜めに入れて赴任先で荷ほどきしたら、肩の部分がダンボールとこすれて真っ白になったり、重すぎて(?)横棒がポッキリと折れてグチャグチャに落ちていたり・・・。

結局それ以降、背広は全てマイカーのトランクに入れて引越しすることに。

感動したこのダンボール、こと我が家の引越しには殆ど役立たずじまい。

最後に引越しをしてから10年近く経ちますが、その間にもアッと驚くサービスが登場しているんでしょうね、きっと。笑2



               ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10326038615.html?frm=themeより引用させて頂いております。