怪 獣


我が国の、というより世界の怪獣映画の原点といっても過言でない、

 ゴ ジ ラ

この記念碑的第1作が上映されたのが、今から55年前の今日・1954年11月3日だったそうです。

私より年上だったんですネ、ゴジラって。驚き顔 ビックリ


同年3月に起きた 「第五福竜丸事件」 (ビキニ環礁での核実験による被爆事故) をヒントに、核実験の放射能によって出現した体長50mの怪獣ゴジラを人間が退治する・・・という設定。

名前の由来は、当時の東宝にクジラが好物でゴリラのような風貌をした社員のあだ名、「グジラ」を参考に、「ゴジラ」と命名した・・・って、『プロジェクトX』 で紹介されてました。

世相を背景にしたこの作品は大ヒット! 観客動員数は961万人を記録。

当時の人口を考慮すれば、現在に置き換えると1,400万人以上・・・これはジブリ映画のヒット作品に相当します。

第1作で死んだはずのゴジラは、この大ヒットのおかげで翌年の2作目 『ゴジラの逆襲』 で復活。 


1962年に公開された 『キングコング対ゴジラ』 は観客動員数1,255万人に達し、海外でも上映され大ヒットしました。

               ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-ゴジラ

                 <第一作のポスター>

その後も次々とシリーズ作品が製作されたのですが、やがてゴジラが人類の味方として設定されたあたりから人気に翳りが出始め、1975年公開の第15作 『メカゴジラの逆襲』 をもって休止状態となったのです。

それから9年後の1984年から復刻版が何作か製作され、また10年程前にはハリウッド版 “GODZILLA が公開されましたが・・・私の中でのゴジラは、あくまでカタカナの 『ゴ・ジ・ラ』。

CGでリアルに作られた画像ではなく、明らかに着ぐるみに人が入っていて、スタッフが一生懸命こしらえたセットを思いっ切り叩き壊していく、何とも哀愁漂うゴジラがいいんです!

子供の頃、電池で動くゴジラのおもちゃがあって、スイッチを入れると口の中が赤く光ったんですょネ。ゴジラ

今ではビンテージ物になっているのかもしれません。


ガンダムのように、実物大(?)ゴジラがお台場に登場すれば是非見に行きたいものです・・・って、全長50mでは、さすがに無理かナ?あせあせ 



               ペタしてね


こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10342214854.html?frm=themeより引用させて頂いております。