恐 縮

「どうも~、恐縮です。」・・・このお馴染みの前フリが聞けなくなってから、早や1年。 今日は、芸能リポーターの草分け的存在だった

 梨 本 勝  氏

の一周忌です


梨本氏は太平洋戦争真っ只中の1944年に東京・中野区に生まれ、埼玉・与野で育ちました。


法政大学卒業後、講談社の女性誌・「ヤングレディ」 の記者になります。


しかしその頃(そして今も?)の芸能界は魑魅魍魎が跋扈する世界・・・記者時代には突っ込み過ぎてプロダクションを怒らせ、事務所に何時間も軟禁されたこともあったとか。

喋らせれば面白いのに記事を書くとからっきしダメだった梨本氏は、そのトーク能力を見込んだテレビ局から勧誘され、悩んだ末に結婚した翌年の1976年芸能レポーターに転進。


各テレビ局に出演し順調なスタートを切った彼は、1980年に奥様を社長にした 「株式会社オフィス梨本」 を設立。


嫌がる芸能人たちを 「恐縮です、恐縮です」 と言ってはしつこく追い掛け回すスタイルで、ワイドショーの〝顔〟としてその地位を定着させました。

ちなみにこのセリフ・・・芸能レポーターになった翌年、大好物の焼肉屋に行った際に同席した仲間が店員に 「恐縮です」 と言ったことがヒントになったとか。

ただ黙って取材対象者にマイクを向けても、テレビ番組としては面白くない・・・ということで、以来コレが常套句になったんだそうです。

             ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-梨元 勝

正直な話、私自身はそもそも芸能レポートなるものには殆ど興味がなかったせいもあり、取材対象者を執拗に追い回す梨本氏にはあまり良い印象は持っていませんでした。


しかし、その彼を〝男〟として評価してもいました。

その理由は、取材姿勢を変えず自らの主義主張を貫いたこと。


芸能界では、その時代毎に特定のプロダクションが勢力を誇ってきました。

当然のことながらTV・ラジオ局との力関係では人気タレントを多く抱える (J事務所やBプロのような) 芸能プロが上になり、時として所属芸能人の不祥事など彼らにとって不都合な報道を差し控えるよう圧力がかかりました。


そんな時、梨本氏は契約先のテレビ局に対して、「視聴者が最も興味あることを、TV局が自主規制で止めようとするのはおかしい」 と激怒して番組出演をボイコットしたり、降板したのです。

これ、なかなか出来る事ではありません。

衝突を繰り返した末に、2006年以降は東京キー局での出演が無くなってしまいましたが、ネットを駆使して情報発信するなど意気軒昂だった梨本氏。


しかしタバコを全く吸わないのに肺ガンを患い・・・昨年8月21日に63歳で天に召されたのです。

抗癌剤の投与で髪の毛が抜け落ちた姿を堂々と公表し、亡くなる2週間前までブログを更新していたレポーター根性は、ご立派の一言。

かつて学生運動の闘士であったという梨本氏の気骨を見せてくれました。

告別式で〝天敵〟といわれたショーケンこと萩原健一さんが弔辞を読んだのも、衝突しながらも筋を通した彼の取材姿勢に敬意を評していたからでは?

追いかけ回すことで芸能人を鍛え(?)、そして芸能界を支えた元祖・芸能レポーターのご冥福を、あらためてお祈り致します。笑3

                 ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10894888741.html?frm=themeより引用させて頂いております。