恐怖の商談 <下>


「〝北〟の人間でも、ソウルに行けるのか?」

全く予期しない質問をぶつけられた私は、一瞬頭が真っ白。

(えぇ~、そんなこと知らないょ~。) 

そこで私はA社長に、 「それは保険会社には分かりかねますので、旅行会社に確認させていただけますか?」 と電話を拝借。

(※当時は携帯なんて存在していませんでしたからネ。)

旅行会社の担当者に質問内容を問いただすと、

「いやァ、どうですかねェ・・・多分行けるとは思いますけど。」

彼は不安気にそう答えたんですが、一刻も早く事務所を出たい私は受話器を手にしたまま、思わずこう叫んでしまいました。

「そうですか。 大丈夫なんですネ。 どうもありがとうございます!」

(あ~あ、言っちゃった。)

電話を切るなり、社長の顔を見て、精いっぱいニッコリ。

社長は 「そうか、良かった。 ソウルに行くのが楽しみだ。」 と上機嫌。

やっと私は事務所の外に・・・そしてドアを閉めた後は駅まで猛ダッシュ!焦る

             ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-ソウル五輪

帰社するや否や、紹介者に抗議の電話。 

「酷いじゃないですか、何で相手の素性を教えてくれなかったんですか!」

すると彼はカラカラと笑いながら、


「いやァ、ごめんごめん。 

だって本当の事を言ったら、ナベちゃん行かなかったろ?

それにキミなら知らずに行っても、何とかするだろうと思ったんだョ。」

おいおいっ、それって褒め言葉か?うー

兎にも角にも、この件は一件落着。 私もいつしかこの恐怖体験を忘れていたのですが・・・1年以上経ったある日、オフィスの電話を取った女性が私にこう告げたのです。

「渡辺さん、Aさんって人から電話ョ。」

その名前を耳にした瞬間、私は心臓が口から飛び出すかと思いました。

5回ほど深呼吸をして電話口に出ると、A社長はいきなり、

「おぅ、アンタか。 

去年契約した保険だけどさァ。 あれ分割払いになってるけど、

少し安くて済む一括払いもできたっていうじゃねェの。 

何でちゃんと説明しなかったんだョ!」

(だって、説明は要らないっていったの、アンタでしょうが!)

な~んて思っても口に出せるワケはなく、「す、すみませ~ん。」 直立不動で受話器を手にしたまま、机に頭をぶつける程おじぎをする私。

(嗚呼、事務所に来いって言われたらどうしょう・・・。)

ほんの数秒間のはずでしたが、私には1分以上にも感じられた沈黙の後、

「・・・まぁ、いいか。 どうせ大した金額の差じゃねぇし。 じゃあナ。」

そういってA社長は電話を切ってくれました。

(よ、良かったァ~!)

幸い(?)にも、私はその翌月に転勤辞令を受けて東京を離れることに。

その後何回も転勤しましたけど、東京を離れるのが嬉しかったのは、この時だけでしたネ。

【 教 訓 】

   郵便受けやドアに

       名前が入っていない部屋には、

             迂闊に入ってはいけません!



えっ? そんなことより、結局A社長夫妻はソウルに行けたのかって?

その後ご本人からの〝お呼出し〟がなかったですから、オリンピック観戦には行けたのでしょう。

・・・多分。あせあせ シ~ラナイッ


                 ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10501567708.html?frm=themeより引用させて頂いております。