恐怖の商談 <中>


「おぅ、それで保険に入れば、オリンピック行けるんだって?」

ソファーに座るなりそう聞かれ、「あっ、はい。 それでこの保険は・・・」 と上ずった声で説明しようとする私を遮るように、 A社長は言葉を続けます。

「あっ、余分な説明は要らねぇよ。 

オレはオリンピックに行ければそれでいいんだ。 

女房と二人で申し込むから、契約書作ってくれョ。」

聞けば、社長の奥様は在日2世。 

オリンピックを見がてら、どうしても祖国の土を踏ませたいのだとか。

「そうでしたか・・・分かりました。 では早速書類をつくりましょう。」


そう答えた私はカバンから申込用紙を出して、必要事項をA社長から聞きながら記入していきます。


本当は契約者本人に署名してもらうべきなのですが・・・A社長の話を聞いている最中、あわただしく若い〝社員〟が 「組長!」 と言って部屋に入ってくるなり、

「バカヤロウ! 人前では社長って言えっ!!」

「すみません、社長。 ちょっと○○組のヤツらが電話でグチャグチャ言ってるんですが、どうしやしょう?」

「だから客人の前でそういう話をするなってんだ。 すっこんでろ!」

「へ、へい。すみません。」

目の前でそんな会話を聞かされたら、とてもじゃないですけど 「自分で書いてください。」 なんて言えるわけもなし。

             ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-計約

(契約書にハンコをもらって、一刻も早く事務所を出なきゃ!)

内心焦れば焦るほどペンを持つ手に力が入り、震えて字がうまく書けない私。

「おいおい、どうした。 何ビビッてんだ?」 なんて見透かされないか、気が気ではありませんでした。 

この時、初めて喚問で国会に呼び出された証人の気持ちが分かった私・・・。

ぎこちない字で申込書を書き上げ、A社長から捺印をもらって手続きは完了。

「それでは失礼します。」 と内心ホッとしながらドアに向かって歩き出したその時・・・私の後ろから、突然A社長の声が。


「ちょっと待ちな。 ひとつ聞き忘れてたことがあった。」

「えっ? な、な、何でしょうか?」

「女房の両親は〝北〟の出身なんだけど・・・それでもソウルに行けるョな?」

・・・え゛っ? うー

               ・・・・・To be continued!


                ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10501521773.html?frm=themeより引用させて頂いております。