愛のテーマ

今日・4月10日は、イタリアの生んだ最高の映画音楽作曲家の命日に当たります。 その人の名は、

 ニーノ・ロータ

  ( nino rota

オールドファンにはお馴染み、『太陽がいっぱい』・『山猫』・『ロミオとジュリエット』 などの作品を手がけています。

一般的には映画音楽で知られた方ですが、本人はそう言われることを嫌い「私の本職はクラシックの作曲家。 映画音楽は楽しみで書いている。 お金儲けにもなり、一石二鳥だ。」 と言っていたとか。

彼はマンドリンを弾く父とピアノを弾く母との間に、1911年イタリア・ミラノで生まれました。

7歳で作曲を手がけ、14歳でミラノ音楽院の聴講を許され、14歳で早くもオペラを作曲する程の才能を持ち、17歳でサンタ・チェチーリア音楽院を卒業。

そんな彼に新たなジャンルの音楽と触れる機会となったのが、あのトスカニーニの推薦で奨学金を得てアメリカ・カーティス音楽院に留学した2年間でした。

アメリカ滞在中、彼は頻繁に映画館に出入りして映画音楽やジャズを聴き、大いに触発されたようです。

帰国後は音楽教師を務め、1950~77年までバーリ音楽院の院長を務め、リッカルド・ムーティなどを育てましたが、それと並行して映画音楽を本格的に手がけるようになったのは、名監督・フェデリコ・フェリーニとの出会いによるものでした。

             ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-ニーノ・ロータ

1951年に彼の作品 『白い酋長』 に曲をつけて以来、ロータが亡くなるまでの殆どの作品の音楽を手がけさせるほど、フェリーニ監督は気に入っていたようです。


2月のバンクーバー五輪・男子フィギュアで銅メダルを獲得した高橋大輔選手が使った音楽は、同監督作品 『道』 のテーマ・・・当然ロータの作曲です。

そして何といっても有名な作品は、『ゴッドファーザー』 (1972)でしょう。

中でもあの何とも切ない〝愛のテーマ〟は、世界中の人々が知っているメロディーだと思うのですが・・・実はこの作品、アカデミー賞の作曲賞・主題歌賞を受賞はおろか、ノミネートすらされなかったことをご存知でしょうか? 驚き顔 ウソッ

その理由は、このテーマのメロディーが過去にロータ自身が作曲した別の作品からの転用だったことが、選考基準に抵触したからなのだとか。

(でもそういった転用、ベートーベンを始め多くの作曲家が行っている事なんですけどネ。)

そして一旦作曲賞にノミネートされたのに取り消されたキッカケ・・・それは、ロータの活躍を妬んだ同じイタリア人の作曲家たちが、選考委員会に匿名電話でチクッたこと。うー

いやはや、人間の嫉妬は恐ろしい・・・。

しかしその2年後、『ゴッドファーザー Part.Ⅱ』 で、アカデミー作曲賞を獲得したのは、さすが。

そんな裏事情を慮りつつ、今宵は〝愛のテーマ〟を聴きながら、1979年4月10日に心臓発作で67年の人生に幕を閉じた、マルチ音楽家の冥福を祈りたいと思います。笑3



              ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10438201338.html?frm=themeより引用させて頂いております。