担 任

2012-03-09 07:07:07
テーマ:

3月は卒業式シーズン。


全国いたる所で 『仰げば尊し』・・・じゃなくて、今時の流行曲が卒業生によって歌われていることでしょう。

先生に対する思い出は人それぞれでしょが、皆さんの担任教師は、〝恩師〟と呼べる先生でしたか?


私の場合、小学校4~6年まで3年間の担任は、空手初段・・・今から思えば結構粗暴(?)な黒帯教師でした。


担任になって間もなくの頃、(今でいう)体罰がPTAで問題になり保護者会が開かれたのですが、私のオフクロが


「ウチの子に遠慮は無用です。 思う存分指導してください。」ダメだぁ顔

という、今時の親にはアンビリバボーな発言をして担任を擁護・・・そのせいか、結果的に彼はお咎めなしに。


普通こういう経過を辿った場合少しはその息子を大事にすると思うんですが、この担任は忠実にオフクロのオファーに従いました。


と言うか、私は彼からマークされていたようです。

人一倍身体が大きくて生意気だったから仕方なったのかもしれませんが、何かあるとすぐに 「廊下に出ろ!」 と教室から連れ出され、廊下で空手の組み手をやらされました。

ちなみにコレをやらされたのは、クラスで私だけ。

         PTA

小学生時代はプロ野球選手になりたくて、朝から晩まで野球のことばかり考えていた私・・・当然クラブ活動は野球部に入るつもりでした。

ところがこの担任は5年生になってすぐの4月にクラブ選びをする際、突然、

「クラブは夏と冬で別のクラブを選ぶこと。 それも運動部と文化部一つずつ。

隣同士でジャンケンして、勝った方が夏を運動部にすること。」

雪の降る長野ですから、野球部が活動するのは夏だけ・・・つまり、もしジャンケンに負ければ私はクラブ活動で野球ができなくなるワケです。

ニヤニヤしながら私を見ている担任の顔を見て、その魂胆に薄々感づいた私ですが、そこは気合で隣の女の子に勝ち (というより、鬼の形相で睨みつけられた彼女が〝後出し〟で負けてくれたような記憶が・・・)、無事野球部に入ることができましたけどネ。

またある冬の日、風邪をひいて全く声が出なくなった時・・・それを知った担任は、突然 「今日のホームルームはのど自慢大会にしよう」 と言い出して、一人ずつ教室の前に立たせてクラス全員の前で歌わせたことも。

当然私は声が出ませんから、歌うことが出来ず。

「おいっ、歌えないのか?」 と揄われ、殆ど聞こえないようなしゃがれ声で 『巨人の星』 を必死で歌ったこともありました。

これも今だったら、即教育委員会案件かもしれませんが・・・私は鈍感だったせいか、担任からイビられているという感覚は当時全くありませんでした。


私はただただ、声を出せなかった自分が情けなかったですねェ。

従って親にもこれらの出来事など言わなかったと思います。 

まぁ、仮に言ったところで以前〝全権委任〟したオフクロは学校に何もクレームつけなかったでしょうが。

・・・と言いつつ、6年生になって身長・体重とも担任より大きくなった頃、〝廊下組み手〟させられた際に右回し蹴りを思いっきり担任の太ももに叩き込みましたけど。

足を引きずりながら、「今日はコレまで」 と言って教室に戻った担任は、それ以降二度と組み手をしなくなりました。

他にもいろいろありましたけど・・・繰り返しますが、当時の私は担任から苛められてるという感覚は持たなかったですネ。

むしろ、それで良かったのかもしれません。

この担任に、どうしてこれらの仕打ちを私にしたのかは遂に直接聞けませんでしたが、おそらく彼なりに生意気な私を押さえつけようとしたんでしょう。


今にして思えばえげつないイジメであっても、私の中では懐かしき思い出・・・鈍感で良かったです。

以前結構売れた 『鈍感力』 っていう本がありましたが、こういうことを言いたかったのかナ?あせあせ

                ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10945900082.html?frm=themeより引用させて頂いております。