新社会人に捧ぐ <しょっぱいコーヒー・中>

意気揚々とN社から帰ってきて、課長に報告すると・・・何とも素っ気ない反応が返ってきたのです。

「お前、そんないつ成果が出るか分からん仕事に、あまり首を突っ込むなョ。

そんなことより、今月の数字どうするか・・・そっちをちゃんとやってくれなきゃ困るなぁ。」

まぁ、普段から勝手に動き回る生意気社員のワタクシだったゆえ、ある程度予想してはいましたが。


「は~い、分かりましたぁ。」 と生返事したものの、頭の中はもうN社のことでいっぱい。

(意地でも課長の力なんか借りるか!)怒 ・・・と決心した私は、それからは信頼していた同じ課の先輩社員にアドバイスをいただきながら、自分なりに考えた営業活動を実行。

日常業務の合間をぬって、N社の社長やS常務をホテルの日本法人オフィスはもとより自社の担当窓口、時には地下10m以上掘り下げられた建設現場に出向き、その上に渡された狭いベニア板の上を怖々渡り歩いて事務所に辿り着き、ゼネコンの工事長にN社の社長を紹介したり・・・がむしゃらに動き回りました。

もちろんN社側も私と情報交換しながら、積極的に営業活動してくれました。

                ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-建設現場

ある時・・・ホテル側との打ち合わせに赴く途中の電車内で、同行するS常務がポツリと話しかけてこられました。

「渡辺さん、前から思ってたんだけど・・・キミだって他にやらなきゃいけないことが沢山あるだろう?

頻繁にウチの会社に来てくれるけど、それは他の要件のついでに寄ってくれてるんだょネ?」

今にして思えば、それは私のことを心配してくれての言葉だったのですが・・・当時はそんな心遣いなど汲み取れないヒヨッ子。 

「何を言ってるんですか、S常務。 

私にとって御社の仕事は最優先ですから!

何かのついでに立ち寄るなんて失礼なことは、絶対にしないですョ!」

ムキになって思わず大声を上げてしまい、乗客の視線を一斉に浴びる始末。

「そうか、そうか。 いや、申し訳ない。 気にかけてくれてありがとう。」

なんてS常務に言わせてしまう一幕もありました。うー 

そんなこんなで、自分としては (これはイケる!) ホテル側からは結構好感触を得ながら売り込み活動に勤しんでいた中・・・飛び込みでN社を訪問してから半年余り経ったある日のこと。

「渡辺さ~ん、ホテルの日本法人から電話ョ~。」

遂に〝運命の電話〟がかかって来たのです。驚き顔 キタッ!


                 ・・・To be continued!



           ペタしてね


こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10743123685.html?frm=themeより引用させて頂いております。