昨今TV番組考

2009-04-27 07:07:07
テーマ:

TV各局が番組改編をしてからほぼ1ヶ月。 中には視聴率がガタ落ちでアセッているところもあるようですネ。

普段定期的に観るTV番組といえば、朝晩のニュースと映画や海外ドラマ、後は2,3のバラエティー番組くらいの私ですから、全ての番組を知っているわけではないのですが・・・最近ちょっと感じたことを書いてみたいと思います。

昨年下半期からの急激な不況は、TV業界にも大きな影響を及ぼしているようですネ。

自動車業界など大口スポンサーの広告費削減が響いて、各局とも昨年度決算は大変厳しいものになると聞いています。

以前は社員がタクシー使うのは当たり前、ロケ弁は有名店の高級品ばかりだったそうですが、今ではタクシー利用は御法度、ロケ弁もコンビニ弁当クラス、局内ではコピー用紙は両面利用の徹底等々、ひたすら経費節減に務めているとか。

まぁ、こんな事は一般企業では既に当たり前の事なんですが・・・やはりTV業界は今まで羽振りが良かったんでしょうネ。

当然の如く制作費も削減せねばならず、出演料の高い大物フリーアナウンサーから局アナに切り替えを検討する番組もいくつかあるようです。 独立したばかりのアナウンサーには、まさに冬の時代到来?ダメだぁ顔

そして私が最近感じるのは、番組制作手法の変化。

内容自体が企業や商品のPRになっている番組が、増えたように思うのです。

例えば、某法律バラエティー番組。

島田紳助氏の軽妙な司会ぶりを、勉強を兼ねて以前から見ていますが・・・以前はそれなりに法律問題を扱っていましたけど、最近はまるで 『グルメ&トークショー』 のよう。

出演者ご推奨の一品料理を紹介して、お取り寄せ先を番組HPに掲載、看板の法律相談はほんの付け足し程度。

カンボジアに学校を建てる話ならまだしも、あれだったら出演者のギャラ以外の経費は殆どかからない、いやあれだけの人気番組ですから、下手をすれば紹介先からそれなりのPR料金貰ってるんじゃないの?・・・って勘繰りたくなります。

まぁ、制作費節減になることは確かなんでしょうけど・・・。うー 

              ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-TVガイド

また、これは深夜に偶然観たんですが・・・何人かのお笑い芸人が回転寿司店やファミレス等に行って、その店の売り上げランキングTOP10を当てるまで食べ続けるという番組がありました。

ご丁寧にメニューを一品ずつ紹介 し、芸人さんたちは一生懸命 「これ、うめぇ~!」 なんて言いながら20品以上も食べさせられ、お腹がパンパンになりながら頑張っていましたけど・・・これも完全に店のPR番組としか思えませんでしたネ。

美味しいものを安く食べられる情報を提供する・・・それ自体は良いことだと思いますが、番組の看板と内容が違っていたり、協力企業とタイアップしているのがミエミエってのは、いかがなものでしょうか?


よく写真週刊誌などで、記事と同じようなレイアウトでそのまま読んだら、実は「PRのページ」 だった・・・あれと同じような、少し騙されたようなモヤモヤ感を覚えるのです。

他の会社(店)をPRするような番組に、よくスポンサー企業が広告料を黙って出すょなァ~・・・と不思議なんですょネ。うー

どの局もゴールデンタイムはクイズや食べ物系等々、似たような番組が増えているように感じますが、制作費をかけなくても、もう一工夫して欲しい・・・そう感じるは私だけでしょうか?

どこか、「ウチは他所と違うョ!」って意地を見せる・・・例えば、お笑い系の芸能人がオチャラケて焦点をボカしたりせずに、自民・民主両党から代表議員5人ずつくらい出演させた上で、ゴールデンタイムに徹底的かつ長時間のガチンコ討論番組を放映する〝硬派〟なTV局なんて、出てこないかなァ?

それこそ、制作費かからないと思うんですけど・・・。笑2



               ペタしてね




こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10245810269.html?frm=themeより引用させて頂いております。