正 座

4月29日が祝日であることは皆さんご存じでしょうが、「何の日ですか?」 と聞かれたら・・・答えは年代ごとに違うかもしれません。 

◆ 1949(昭和24)年~1988(昭和63)年までが、『天皇誕生日』

◆ 1989(平成元)年~2006(平成18)年までは、『みどりの日』

◆ 2007(平成19)年からは、『昭和の日』

そう、現在は 『昭和の日』 なんですネ。

ちなみに私は、未だに天皇誕生日って意識が抜けない〝昭和世代〟です。


さて、そんな祝日の経緯に絡んで、今日は


 〝畳の日〟


なんだそうです。


全国畳産業振興会が、イグサの緑色から 「みどりの日」 の4月29日を畳の日に制定したとか。(ただ、「清掃の日」である9月24日も畳の日としているそうで・・・1年に2回は欲張り過ぎでは?)

この畳・・・実は中国など外国から伝来したものではなく、日本で独自に発展した敷物なのだそうです。驚き顔 ヘェ~

              ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-タタミ

歴史的には、古事記の中に「皮畳」、「絹畳」などの表記があり、正倉院にも聖武天皇・皇后が使った畳が残されているとか。

現在のように厚みのある畳になったのは、平安時代。 

そして室町時代に入ると書院造の部屋全体に敷き詰められるようになり、茶道の普及により正座の習慣化とともに一般化したようです。

昭和時代の一戸建ては、この畳を敷いた和室が主流で板張りの洋間は大概一部屋だけ。 

冬はこたつを出して暖まっていましたし、寝る時は布団を敷いてました。

私が子供の頃は、年に一度畳を全部はがして庭干し。 

畳が重くて大変でしたが、竹の棒でパンパン叩くと猛烈なホコリが出たのが妙に楽しかったことを覚えています。

それがいつの頃からか、逆に洋間が主流となって和室が減少。

寝るのはベッドで、エアコンや床暖房が一般的になりました。

やはりマンションの普及が大きな理由なのでしょうか、最近は庭やベランダで畳を干す光景など殆ど見なくなってしまいました。

畳文化から椅子文化へ・・・都内の斎場でも、畳敷きの和室からイス席に改装するところが出てきましたし、正座慣れしているはずのご住職でも、若いご導師が自宅葬などで座布団に座られると、立ち上がる時に足が痺れて転びそうに、なんてこともあります。

昭和から平成に時代が変わるにつれ、道徳の乱れ・姿勢の悪さが進行しているのは、もしかしたら〝畳=正座の習慣〟が薄れたことと関係があるのかもしれない・・・そう感じるのは私だけでしょうか?

畳の表換えをした後の、イグサの何とも言えない香りを思い出しつつ、今日はあらためて畳文化の良さを考える1日にしたいものです。

ところで、皆さんは正座にどれくらい耐えられますか?

私はいいちこ ジャナカッタ いいとこ30分かなァ。ダメだぁ顔

               ペタしてね

               

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10446236753.html?frm=themeより引用させて頂いております。