母 娘 <上>

病院を舞台にしたドラマ・映画は数あれど、看護師を主役にした作品は殆ど見たことがありません。

しかしそんなTVドラマが2009年にアメリカで制作・放映され、日本でも今年に入って海外ドラマ専門チャンネル〝AXN〟で放映されました。 題名は、

『しあわせの処方箋』 (原題:HAWTHORNE

ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、1話正味45分の中に病院内で起こる様々なエピソードをちりばめた、大変中身の濃いヒューマンドラマに仕上がっています。

主人公の名は原題になっている、クリスティーナ・ホーソン。 

そして演じる女優が、ジェイダ・ピンケット・スミス(Jada Pinkett Smith

実はこの方、アメリカの人気俳優ウィル・スミスの奥さん (彼らの息子が現在公開中の 『ベスト・キッド』 に主演、とまさに役者一家) なのですが、大変知性的かつ表情豊かに主人公を演じています。

              ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-しあわせの処方箋

この秀作ドラマの中で、こんなシーンがありました。

1年前に夫を亡くしたホーソン師長には、高校生の一人娘・カミールがいます。

彼女がボーイフレンドと共に母親の働く病院で勉強していると、突然そのボーイフレンドが発作を起こして昏倒。

その容態から彼の薬物使用を疑った医師とホーソン師長が検査を行うと、残念ながらドラッグの陽性反応が・・・。

その時点でホーソン師長は、付き合っていた我が娘の薬物使用を疑います。

彼女は自分の部屋にカミールを呼ぶとボーイフレンドから陽性反応が出たことを告げ、娘にも尿検査をするよう彼女の目の前に紙コップを差し出します。

(当然のことながら)カミールは激しく拒否。

「私はドラッグなんてやってない。 ママは私を信じてくれないの?」

もし無理やり検査させれば、下手をすると親子の信頼関係に大きなヒビが入るかもしれません。 でも万が一、娘がドラッグに手を出していたのなら、ここで止めさせないと手遅れになる・・・。うー

さて、もし皆さんがホーソン師長の立場だったら、愛娘に尿検査を強制しますか?

 

                      ・・・・・To be continued


                ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10607693747.html?frm=themeより引用させて頂いております。