特効薬

一昔前は 「不治の病」 と言われたガン・・・現代は医学の進歩により、初期段階で発見されれば、かなりの高確率で治癒するまでになりました。

しかし発見が遅れた患者さんの多くは、必死にガンと闘う辛い日々を過ごしていらっしゃいます。

ガン患者の多くが藁にもすがる気持ちで利用する、我が国で半世紀以上前に誕生した夢の治療薬、

〝SSM〟( Specific Substance MARUYAMA )

・・・世に言う 『丸山ワクチン』 の生みの親・丸山千里博士が90歳で亡くなられたのが、1992年の今日・3月6日のことでした。

1901年、長野県に生まれた丸山博士は、1928年に日本医科大学を卒業後、同大皮膚科に入局。 1947年に丸山ワクチンを開発し、その後同大付属病院長・学長などを歴任されました。


             ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草


元々丸山ワクチンは、皮膚結核やハンセン病治療に効果を発揮しましたが、この病気にかかった患者にガンの発症が少ないことが判明。 ガン治療にこのワクチンを使用することとなりました。

ガンの治療法には、大別して

① 手術療法  ② 放射線療法  ③ 化学療法

がありますが、この丸山ワクチンはそのいずれにも属さぬ 「免疫療法」 といえるものだそうで、患者の体内における免疫の働きを強化する事でガン細胞の増殖・転移を抑制し、その特徴としては

◆ 副作用が殆どない

◆ 延命効果が得られる

◆ 自覚症状の改善

などが挙げられる、患者にとっては画期的な薬とされています。

これまで40万人近い患者さんに投与されている丸山ワクチン・・・しかし厚生労働省は、1981年に同薬を 「有償治験薬」 (※患者が実費を負担して協力する治験薬) として特例で認めたものの、現在に至るまで 「医薬品」 としては認可していないのです。

丸山博士の出身母体(大学)が医学会では傍流であること、製造承認を求めたゼリア新薬工業が、業界では中小規模の会社であったこと・・・これらが政・官・民の目に見えない妨害工作に、認可を阻み続けている要因といわれています。

「官僚は国民になど目を向けていない。

視野には自らの天下り先である大企業しか入っていない。」

とよく言われますが・・・私たち国民の生命に関わることでさえ、官僚や政治家は己の利益しか考えていないのでしょうか?

一日も早い認可を願いつつ、丸山博士のご冥福をお祈り致します。



            

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10201759909.html?frm=themeより引用させて頂いております。