真 贋



私が全く知らない世界のひとつに 「骨董」 があります。

時々、『開運 なんでも鑑定団』 を見ていると、「おっ、コレは高そう!」 と思った家宝(?)の評価額が3,000円だったりして、私は苦笑い、出品者の顔はみるみるまっ青・・・なんてこともたびたび。うー

まぁ、個人の所有物だったらまだ笑って済む場合もありますが、モノが国の重要文化財だったらそうはいきません。

今からちょうど半世紀前の1959年に、

 〝永仁の壷事件〟

という、世間を揺るがす重要文化財の偽物騒動が起きたのだそうです。

「永仁2年」(※1294年) という銘を持つ壷(瓶子=へいし)が、1943年に愛知県で出土したと地元新聞で紹介され、これを人間国宝の陶芸家・加藤唐九郎氏が鎌倉時代の作品であると解説。

1959年の今日・6月27日、文部省は陶芸研究家の文部技官・小山富士夫氏の強い推薦を受け、この 「永仁の壷」 を鎌倉時代の古瀬戸の基準作品として、重要文化財として指定しました。 (ちなみに、加藤・小山両名は、日本陶磁協会の仲間内だったとのこと。)

             ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-永仁の壷

ところが、その直後から地元では 「これは鎌倉時代ではなく、現代の作品ではないか?」 という疑念の声が上がり、新聞で取り上げられるなど騒ぎが大きくなったそうです。

そして指定から2年後、唐九郎氏の長男・嶺男氏と、そして唐九郎氏本人が、相次いで「自分が作った」と爆弾発言。

さらに壷をX線等の科学分析にかけた結果、鎌倉時代のものでないことが分かり・・・唐九郎氏は人間国宝の認定を解除され、小山氏も文部技官を辞任する羽目になったのです。

で、これが私には理解できないんですが・・・その後、人間国宝でなくなった加藤唐九郎氏の評価は下がるどころか、逆に彼の人気は上がったというのです。

その理由は、「国を騙すほど腕が良い」 からだったとか。 驚き顔 エ~ッ

いやはや、私のような素人は骨董・美術品に手を出すべきではないですネ。

他人様の泣き笑いを、テレビで見ている分には損はナシ・・・。


              

                ペタしてね



こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10203814505.html?frm=themeより引用させて頂いております。