窮 地

以前から囁かれ続けていた 「大相撲の八百長疑惑」・・・それまで頑なに存在を否定し続けていた日本相撲協会でしたが、今度ばかりは大阪場所の開催中止程度で事は収まりそうにありません。

野球賭博の捜査で押収された携帯電話のメール解析によって、〝瓢箪から駒〟の如くその物的証拠・実態が明るみに出てしまった以上・・・。

力士本人たちはメールを消去してもデータそのものは残ることを知らなかったり、わざわざ足がつく銀行口座に送金していたというのですから、あまりに稚拙なやり口に失笑を禁じ得ません。

しかし私自身は今回の騒動に関して、正直 「何を今更・・・」 という感じです。

(これまで一部週刊誌が八百長疑惑を追及していた時は他人事の如く素知らぬふりをしていたのに、ひとたび証拠が出るや一斉に大騒ぎするマスコミの節操の無さにも呆れますけど。)

以前拙ブログでも書きましたが、私はかなり前から大相撲には八百長(無気力相撲)が存在していると確信していましたから。

なぜなら、私が学生だった頃から角界には 「注射を打つ」(八百長を持ちかける)、「中盆」(仲立ち役)という隠語があることを知っていましたし、7勝7敗力士の異常な勝ち越し率や大関に昇進した途端低迷する力士が多いこと等々が、その存在を半ば証明していたようなもの。

今回は十両力士が問題の中心になっていますが、かつて 「昭和の大横綱」 といわれた小兵力士が連勝記録を伸ばすために注射を打ちまくった、という噂話が私の耳にも入ってきたくらいですから、八百長問題は関取全体に蔓延しているのは疑いようのないところ。

私が過去に聞いた限りでは、唯一八百長に手を染めなかったのは初代貴ノ花関が率いた藤島部屋・・・だから同部屋所属のかつて大関候補といわれた関脇力士が結局大関に上がれず仕舞いだった、という話には妙に説得力がありました。

          ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-相撲

それにしてもメール問題が発覚して数日の経緯を見る限り、今まで何度も不祥事を起こしていながら、協会の体質は殆ど変わっていないようです。

記者会見で放駒理事長が 「今までになかった不詳事」 と、またもやトカゲの尻尾切りをするかのような発言をしたり、力士から携帯電話の提出を〝任意〟で行うことからも、協会幹部の多くが世間ズレした感覚のままであることを如実に示しています。

大相撲に八百長はない、と信じている国民は殆どいないでしょう。

なのにそれを頑なに否定し続ければ、更に過去を探られてますます窮地に追い込まれる気がします。

私は大相撲をスポーツとしては見ていません。

いくら力士たちが普段から身体を鍛え一般人とかけ離れた強靭な肉体であったとしても、ボクシングや柔道のように体重別の階級も設けず、数十kgの体重差がある者同士、あるいは150㎏を越す巨体同士が硬い土俵上で毎日真剣勝負をしていたら、ケガなしで何年も相撲を取れるとは到底思えませんから。


また、(「相撲」はともかく)大相撲を 〝国技〟 だとも思っていません。


先場所の幕内力士42名のうち19名(占有率45%)、特に横綱・大関5名中4名が外国人力士という現状。


こうなった背景には、手っ取り早く関取を輩出して協会からの補助金を受けられなければ、現役時代人気があった一部の親方を除き多くの相撲部屋の運営がままならない、という構造的な問題があると思われます。


そして高見山関が初入幕した昭和時代はともかくも、最近は力士を強くすることばかりに腐心して人間教育などは二の次・・・それが朝青龍はじめ多くの外国人力士が不祥事を起こす要因になっており、協会幹部のいう〝大相撲の伝統〟を自らの手で崩壊させたといわれても仕方ないでしょう。

八百長の事実が発覚した以上、潔く自ら財団法人格を返上・株式会社化し、「神事を司り日本の伝統文化を踏襲する興行団体」 として再出発した方が良いのでは?

そうすれば、自ら 「国技たる大相撲」 などと大上段に構えてしまった故の呪縛からも逃れられますし。

関取にならなければ給金さえもらえない、ごく一部の元横綱・大関経験者のみが牛耳る旧体然かつ閉鎖的な互助組織から脱却するには、それくらいの大手術が必要なはず。


そうしなければ、これから相撲界に我が子を入れようとする親、入ろうとする新弟子がいなくなってしまう・・・すなわち、遠くない将来大相撲が存続できなくなるのは必至。


理事長以下、角界上層部がこれまで同様に〝臭いものに蓋〟で凌ごうとするならば、自己矛盾を起こし消滅の道を辿るしかないでしょう。

随分と厳しいことを申し上げましたが、かく言う私は昔から大相撲のファン。

それは八百長を容認した上で、です。

プロレスがそうであるように、ガチンコ勝負でなくても工夫次第でファンを楽しませ、夢を与えることはできるはず・・・大相撲が見栄を捨て、そういう開き直りや発想の転換はできないのでしょうか? うー



              ペタしてね





こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10790724849.html?frm=themeより引用させて頂いております。