絡繰り

「からくり」・・・若い方は、明石家さんまさんの人気テレビ番組を連想するんでしょうネ。

今日は、かつて〝からくり儀右衛門〟と呼ばれた日本屈指の発明家、

 田中 久重 

の命日にあたります。家業を弟に継がせるよう父親に願い出て自らは発明家として身を立てる決心をした久重氏は、20歳代の頃からくり興行師として大坂・京都・江戸などを行脚・・・〝からくり儀右衛門〟の名は全国的に知れ渡りました。

1799(寛政11)年に現在の福岡県久留米市に生まれた久重氏は、幼名を儀右衛門といいました。

父親はべっこう細工師だったそうですから、手先の器用さは親譲り。

また細かい金属加工が要求される仕事だけに、それを小さい頃から目にしていたことが、エンジニアの素養に磨きをかけたのでしょう。

9歳にして、大人もお手上げだった「開かずの硯箱」を制作した彼は、当時流行していたからくりれ人形の新しい仕掛けを次々に考案。

その人形の斬新な動きは方々の興業で大評判となります。

                ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-田中久重

天保年間(1830年~)に入ると各地で藩政改革が行われるようになり、からくり興行が難しくなってきたため、久重氏は実用品の製作・販売を始めるため大阪に進出・・・携帯用懐中燭台は商人たちに人気を博します。


1837年に起こった「大塩平八郎の乱」によって大阪の街は焼け野原になりましたが、そんな中でもいつまでも灯がが消えない「無尽灯」を発明するなど、発明意欲は衰えませんでした。


そして南蛮貿易によってもたらされた西洋時計に興味をもった久重氏は、拠点を京都に移し天文学・蘭学を学ぶと、1851(嘉永4)年に万年時計 『万年自鳴鐘』 を制作。


西洋時計と和時計の他、曜日や二十四節気、旧暦の日付、月の満ち欠けなど、あらゆる”時の概念”を具現化し、久重氏の技術を凝縮したこの最高傑作は、重要文化財・機械遺産に指定されている逸品。

            ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-田中久重

ちなみに、2005年に開催された愛・地球博にレプリカが出品されましたが、約1年前から100人もの技術者が結集して製作に取り組んだものの、解析に手間取って完全な復元品にはならなかったとか。

その後請われて佐賀藩に移った久重氏は日本初の蒸気機関車・蒸気船の模型を制作。 また故郷・久留米に戻って技術顧問なとなり、アームストロング砲を製作するなど活躍。


しかし明治維新という激動期の日本は、彼をそのまま地方に埋もれさせてはくれませんでした。


通信事業に優秀な技術者を投入したい明治政府の意向を受け、1873(明治6)年・・・73歳の久重氏は博多港から蒸気船に乗って上京。


早速 「ヘンリ通信機」 を製作して政府の期待に応えると、1875(明治8)年には東京・銀座に田中製造所を設立。

会社には「万般の機械考案の依頼に応ず」という看板が掲げられたそうですから、技術者としての自信の程が伺えます。


後に彼の養子・田中大吉氏が同社を芝浦に移転して株式会社芝浦製作所に・・・そして同社が東京電気株式会社と合併して東京芝浦電気、すなわち 『東芝』 となったのです。


つまり久重氏は、東芝の創業者といえるわけです。


1881(明治14)年11月7日に82歳でこの世を去るまで久重氏が世に送り出した様々な発明品は、〝からくり儀右衛門〟として人々を喜ばせただけでなく、富国強兵を目指した明治維新に多大な貢献をしたのです。


日本初のエンジニアといえる、稀代の発明家のご冥福をお祈り致します。笑3



               ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11013477482.html?frm=themeより引用させて頂いております。