自 滅

予想通りというか、遂にというべきか・・・自民党が結党以来初めて衆院第一党の座を明け渡しました。


前回の郵政解散では圧倒的勝利を得た自民党が、たった4年で真逆の立場に追い込まれるとは・・・一寸先は闇、小選挙区制は怖いです。

これから様々な分析がなされるでしょうが、私の主観でいわせていただければ、今回の結果の予兆は3年前に見られました。

それは安倍政権誕生直後にあった、「郵政民営化造反議員の復党」・・・多くの国民は、大いに疑問を感じたはずです。

圧倒的支持を受けた郵政民営化を推進するどころか造反議員を復党させるのは、国民の選択に対する裏切りといってもいい愚行。 

また念書を書いて復党した議員たちの節操のなさにも正直呆れました。


あれだけ人気があった野田聖子氏の小選挙区落選という事実が、それを象徴しているのではないでしょうか。

その直後から噴き出した年金問題に関しても、目前に迫った参院選のために、最高権力者である安倍総理が 「必ず年度内に解決させる」 なんて、誰が聞いても実現不可能な大見栄を切ったあげくに惨敗。

結果的に衆参ねじれ現象を引き起こし、法案審議等で大幅な減速を余儀なくされました。

その後も世襲総理が1年毎に交代、閣僚も次々と不祥事や失言の連発・・・どう見ても、郵政選挙大勝に浮かれて、油断と驕りが噴き出した末の自爆・自滅といっていいでしょうネ。

よく 「3代目が家を潰す」 なんて言われますが、吉田茂氏のお孫さんによって〝自民党一家〟もその通りになってしまいました。

一昔前のような、建設業界・農協等を中心とした組織票頼みの選挙手法は、(公共工事の縮小や農政の失敗も含め) 現在のネット社会では最早通用しなくなっていることに、自民党自身が気づいていなかったようです。


元総理をはじめ閣僚経験者や党三役経験者が軒並み落選、現職総理でさえ苦戦したところに、国民の失望や怒りがいかに大きかったかが伺えます。

小泉元首相じゃないですが、一旦下野して敗因を精査し、捲土重来を期していただきましょう。

もう個人的な人気とか、若いからとか、あるいは握手とか、土下座とか・・・そんな理由で当選させるほど我が国の民意レベルは低くないことを自覚すべきだと思います。

           ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

さて一方の民主党。

おそらく今回の国民の選択は、一言でいえば Not best but better

反自民のうねりで政権を手にしましたが、本当の勝負はここから。

すべての常任委員会で委員長ポストを独占し、委員の過半数を確保できる絶対安定多数=269議席を超えただけに、同党の政治責任は非常に重いものがあります。


新与党に対する私のイメージは、一言でいえぱ

「民主党ホールディングス」

・・・右から左まで様々な議員さんが混在する〝寄り合い大所帯〟、まして社民党・国民新党とも連立となれば、〝鳩山家の3代目CEO(?)〟にとって政権の舵取りは相当に難しいはず。

今まで自民党の攻撃材料としてきた年金問題にどう始末をつけるのか?

また高速道路無料化・子供手当の支給等にあてる財源をマニフェスト通りに引っ張り出せるのか?・・・お手並み拝見です。

国民を失望させて、来年の参院選で再び過半数割れ・・・なんて政治混乱を起こさないようにしてもらいたいものです。

・・・ところで、「消費者庁」ってどうなるんでしょうネ? うー


              ペタしてね



こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10331021675.html?frm=themeより引用させて頂いております。