落書き

〝KY〟といえば、現在は 「空気が読めない」 という意味で使われますが、今から22年前・・・ちょうど昭和から平成に元号が変わった1989年の今日・4月20日以降、この2文字は全く別の意味で有名になりました。

同日の朝日新聞夕刊に、こんな記事が掲載されたのです。(※一部修正)

『これは一体なんのつもりだろう。

沖縄・八重山群島西表島の西端、崎山湾へ、直径8メートルという巨大なアザミサンゴを撮影に行った私たちの同僚は、この「K・Y」のイニシャルを見つけたとき、しばし言葉を失った。巨大サンゴの発見は、七年前。水深15mのなだらかな斜面に、おわんを伏せたような形。

高さ4m、周囲は20mもあって、世界最大とギネスブックも認め、環境庁はその翌年、周辺を人の手を加えてはならない海洋初の 「自然環境保全地域」 と 「海中特別地区」 に指定した。

たちまち有名になったことが、巨大サンゴを無残な姿にした。島を訪れるダイバーは年間三千人にも膨れあがって、よく見るとサンゴは、空気ボンベがぶつかった跡やらで、もはや満身傷だらけ。それもたやすく消えない傷なのだ。

日本人は、落書きにかけては今や世界に冠たる民族かもしれない。

だけどこれは、将来の人たちが見たら、80年代日本人の記念碑になるに違いない。100年単位で育ってきたものを、瞬時に傷つけて恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の・・・にしても、一体「K・Y」ってだれだ。』

そしてこの記事の上には、珊瑚の表面に大きく〝KY〟と刻まれた、6段抜きの衝撃的な写真が・・・。

            
            ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-K.Y

この記事は世間に大きな反響を巻き起こしました・・・が、地元ダイバーからは

「これまで傷は全くなかった。 この落書きは取材当事者がつけたのでは?」

という懸念と抗議が朝日新聞社に寄せられ、調査した結果・・・1ヵ月後の5月20日、同社は朝刊紙上で 「カメラマンが無傷の珊瑚に傷をつけた」 と虚偽報道を認め、謝罪記事を掲載。

撮影したカメラマンを懲戒解雇、同行していた写真部員を停職3ヶ月、東京本社編集局長・同写真部長を更迭、そして社長が引責辞任・・・当時自然・環境破壊に対するキャンペーン記事を掲載していた同社は、凄まじいバッシングを受けることとなりました。

記事捏造の象徴的事件であると同時にマスコミへの警鐘となった大騒動でしたが、残念ながらその後もやらせ・捏造は根絶されていません。

そして、もっと酷いのはこの新聞報道が出た後のこと。

当該現場(珊瑚礁)に他のマスメディアが取材で殺到。

100隻以上の船が押し寄せ、その一部が錨を落としたことで周辺の珊瑚が折れたり傷つけられたのです。

修復に数十年かかるといわれた〝KY〟の落書きは1年で元通りになったのに、かえって周辺の珊瑚礁が深刻なダメージを受けるという、何とも皮肉な結果を招きました。

この点についてマスメディアが追跡取材・批判をした話、残念ながら私は目にした記憶がありません。

写真撮影等のために取材対象者が乗る自動車に平気で体当たりしたり、手にしたカメラやマイクをぶつける取材陣をよく見かけますが、乗っていたタクシーやハイヤーの車体にはキズや凹みがついているはず。


その修理費・・・一体誰が支払っているんでしょう。

取材のためなら他人の迷惑など顧みないのが、マスメディアの常識?

ひとつネタを見つけたら皆で寄ったかって叩いたり食い散らかし、一段落したら次のターゲットを物色。 

まるでイナゴの大群かハイエナの如きマスメディアの取材姿勢が改まることは・・・これからも多分ないのでしょうネ。うー


              ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10776922146.html?frm=themeより引用させて頂いております。